薄毛コラム

ミノキシジルの副作用でイライラする症状が出るの?

ミノキシジルという医薬品は、薄毛・ハゲの対策に効果が高いとされていますが、その分副作用も発生する確率が高く、イライラしやすくなることもあります。

髪の毛が増えても、イライラした生活をするのはイヤですよね。

 

ミノキシジルは、血管を拡張させて血流を良くするもので、当初は高血圧を下げる薬として開発されたのですが、血流が良くなることで育毛にも効果が見られ、薄毛・ハゲの薬として使われるようになったものです。

髪の毛が太くなったり、発毛がみられたりと高い効果が期待できるのですが、副作用も色々と発生する確率が高いようです。

ミノキシジルには、頭皮(患部)に塗るタイプ(外服薬)と、飲むタイプ(内服薬)の両方があります。副作用としては、それぞれ違う症状がでるようです。

【 外服薬 】

ミノキシジルの影響は塗った部分に限定される確率が高く、頭皮の異常が多いです。頭皮のかゆみ、炎症、湿疹などの症状が出る場合があります。

 

【 内服薬 】

内服する場合は、頭皮に塗る外服薬とは違い、全身に影響する副作用が出やすいです。体全体の体毛が濃くなる多毛症や、倦怠感、頭痛、眠気、むくみなどが起きる可能性があります。

イライラしやくすなったり、心臓に影響して呼吸が荒くなる場合もあるようです。