薄毛対策

頭皮に優しい育毛剤のチャップアップを実体験してレビュー・評価しました!

頭皮が敏感肌になっていて使える育毛剤が限られる状態なので、無添加・無香料の頭皮に優しい育毛剤という評判のチャップアップを使ってみようと思いました。

実際に、チャップアップを実体験してみて、どのような効果があったのかをレビューして検証してみました。

チャップアップは、頭皮に優しい育毛剤なのか?

以前使っていた少し刺激の強い育毛剤によって、頭皮が刺激に敏感に感じるようになり、敏感肌のようにちょっとした刺激で頭皮がしみるようになりました。

そんな過去もあり、とにかく頭皮への刺激の少ない、優しいタイプの育毛剤を探していました。

しっかりとした確認テストがされている育毛剤を見つけることが出来ました。頭皮が敏感肌になっていて、ちょっとした刺激でも感じやすく、頭皮にしみない育毛剤ということで、下記の点について確認されていました。

【 確認事項 】

・育毛剤を肌に24時間接触するようにして、肌荒れを起こさないか?

・頭皮に、かゆみやヒリヒリ感を感じないか?

・アレルギーによる皮膚刺激がないか?

 

これらを第三者機関で商品検査しているチャップアップという育毛剤にたどり着きました。

どうやら刺激を感じやすい敏感肌や乾燥肌の方、アルコールアレルギーや金属アレルギーを持っている方でも心配なく使える育毛剤となっています。

頭皮の刺激の感じ方は、人それぞれで違っているので、本当に自分でも問題なく使えるのかと、少しの不安はありましたが、使ってみて自分の肌に合わなければ返金保証をしてくれるので、悩むことなく試してみることにしました。

チャップアップは、こうして商品になった

チャップアップの人気の原因はその歴史にあって、どのようにして一般販売される商品になったのかというところなんです。

実は、チャップアップは、最初から一般販売するために作られた育毛剤ではありません。育毛クリニックでの患者にのみ限定使用される治療用のものでした。

その効果が口コミで広がり、一般販売を希望する人が増えたために、2013年に一般販売が開始されました。そして、売上No1の育毛剤として知られるようになりました。

 

まずは、シャンプーから見直し

頭皮が敏感肌になった私は、育毛剤を再開しようと思った時に、市販のシャンプーを使っていて、しみることがあるので、まずはシャンプーを見直す必要があると考えました。

市販のシャンプーには、洗浄力が高くて値段の安い成分のラウレス硫酸Naもしくは、ラウリル硫酸Naという合成界面活性剤が使われていて、これらに含まれる硫酸は、酸が強く頭皮には、とても刺激が強く傷めてしまうことになります。

1日の色々な動作の中で、シャンプーをする時が一番髪の毛が抜けやすいので、まずはシャンプー選びから見直し、そして意外に正しいシャンプーの仕方を知らなかったので、間違ったシャンプー方法をしていたことも見直すようにしました。

→ シャンプーを見直してみたい方は、こちらを参考にして下さい。

 

チャップアップを使い始めました

シャンプーの見直し、正しいシャンプーの仕方をすることで、頭皮の状態を良くしたところで育毛剤のチャップアップの使用を開始しました。

果たして、成果はあったのでしょうか?

6ヶ月程度使ってみた結果は、下記のようになりました。

    

     使用前                      使用後

この結果であれば、増えてきたような感じです。頭皮の地肌がかなり隠れてきたので、私としてはチャップアップを使用して良かったという結果になりました。

この成果は育毛剤のチャップアップの効果もしかりですが、シャンプーをチャップアップシャンプーに替えたのも影響していると思います。チャップアップの育毛ローション+シャンプの相乗効果になっていると思います。

どうやら私には効果があるようで、もう少し使い続けてみようという気になりました。

髪の毛が増えた検証

まず、配合成分について検証してみたいと思います。

薄毛になる原因として

・男性ホルモンの影響によるもの

・髪の毛を作る細胞の老化

・頭皮の環境悪化によるもの
   栄養不足
   血行不良
   炎症

などが挙げられます。チャップアップには、これらの薄毛になる原因について有効な成分を配合しています。

男性ホルモンの影響によるもの

悪玉男性ホルモンと呼ばれるDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの働きにより、薄毛・抜け毛が引き起こされます。この悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのTS(テストステロン)が5a還元酵素(5αリダクターゼ)によって変化させられたものです。

5a還元酵素(5αリダクターゼ)の働きを抑えて、悪玉の男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出しにくくする成分により、薄毛を予防します。

ヒオウギ抽出液、オウゴンエキス、ビワ葉エキス、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキスなど

髪の毛を作る細胞の老化

どんなに頭皮の血行が良くなって栄養分が行き渡っても、髪の毛を作る細胞が活発に働いてくれないと髪の毛は成長していきません。

髪の毛を作る毛母細胞の細胞分裂を盛んにすることで、太くてしっかりした髪の毛をどんどん成長させて、抜けにくい丈夫な髪の毛を作る必要があります。

そのためには、細胞の老化を防ぎ、必須アミノ酸などを多く含んでいる細胞活性化成分が効果的です。

L-アスパラギン酸、L-アラニン、L-アルギニン、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、L-ピロリドンカルボン酸、L-セリン、L-バリン、L-プロリン、L-スレオニン、L-イソロイシン、L-ヒスチジン、L-フェニルアラニンなど

血行不良

髪の栄養素を十分とっても、その栄養が髪まで行き届かないことには、髪の毛は弱いままです。食べた栄養分を髪まで届けるのが血液の役割です。血行不良であれば、折角の栄養分も髪には届かないことになってしまいます。

血行促進効果の高い成分により、血行を改善して髪の毛の毛根に栄養分が届くようにします。

センブリエキス、海藻エキス、クロレラエキス、アルニカエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、ニンニクエキス、ローズマリーエキス、ニンジンエキス、ジオウエキス、ショウキョウチンキ、チョウジエキス、マロニエエキス、チンピエキス、センキュウエキス、トウキエキス、グルコシルヘスペリジン、油溶性マサキエキス、イチョウエキス、セイヨウサンザシエキスなど

炎症・皮脂

頭皮の乾燥や、過剰な皮脂が分泌されることにより、皮膚が炎症を起こして、抜け毛になりやすくなります。

フケやかゆみ、頭皮ニキビの原因を取り除き、皮脂を過剰に分泌しないようにして、炎症が起きないようにしてくれる成分です。

塩酸ジフェンヒドラミン、ダイズエキス、ドクダミエキス、ウメ果実エキス、オドリコソウエキス、ローマカミツレエキス、セイヨウキズタエキス、マツエキス、サクラ葉抽出液など

頭皮の環境改善

頭皮が健康でなければ、そこに生えてくる髪の毛は、抜け毛になりやすいものとなってしまいます。

頭皮環境を健康に保つ成分により、髪の毛の育ちやすく、抜けにくい状態の頭皮に育てます。

グリチルリチン酸ジカリウム、タイソウエキス、グレープフルーツエキス、リンゴエキス、オレンジ果汁、レモン果汁、ライム果汁、キイチゴエキス、キウイエキス、スターフルーツ葉エキス、セイヨウナシ果汁発酵液、ユズセラミド、冬虫夏草エキス、トマトエキス、ヘマチン液など

髪の毛の成長が遅くなったり、抜け毛が増えたりして薄毛になっていくのは、上記の原因が複数重なり合っている場合がほとんどです

チャップアップは、これらの原因を改善する色々な成分をたくさん配合することで、総合的により効果のある育毛剤に仕上がっています。

【 チャップアップに含まれる成分について 】

チャップアップに配合される成分は、長年に渡って育毛剤の成分として使用され実績があり、さらに副作用のない安全な成分を選んで配合されています。

→ チャップアップの詳細は、こちら

 

チャップアップを使ってみた感想

【 使いにくいと感じた点 】

スプレー式で、サラサラの液体が出てくるので、額の生え際などでは、液が頭皮からこめかみを通って下に垂れて来ることがあります。

また、ボトルの中の残量が少なくなると、ボトルを傾けて使うと、噴射が出にくい場合があります。うまく最後まで使い切るのには、すこし面倒な工夫が必要になります。

 

【 使ってみて良かった点 】

敏感肌の私ですが、ほとんど頭皮にしみることがありません。液体はベタつくこともなく、サラッとしていて、匂いもほとんどありません。

使用方法もチャップアップを30回、頭皮全体にプッシュして、約1分程度、頭皮をマッサージするだけの簡単作業です。これなら毎日、続けることが可能です。

前に使っていた育毛剤では、頭皮への刺激が強く、頭皮にしみるために使うことを断念していましたが、もう一度試してみた育毛剤が、チャップアップでした。

しばらく使うと、また、頭皮にしみるようになってくるのではないかと心配でしたが、頭皮に優しいタイプの育毛剤なので、大丈夫でした。

チャップアップが頭皮にしみることなく長く続けることができても、薄毛の対策になっていなければ、育毛剤として使い続ける意味はありません。

しかし、一番気になっていた『つむじ』の部分の地肌が、広く見えていたんですが、半年経過すると、かなり目立たなくなっていました。

 

【 つむじの周りの頭皮が広く見えていた時 】

 

【 チャップアップを半年使用後 】

 

シャンプーと育毛剤の効果で、かなり復活したという実感がありました。薄毛対策の効果があったと言えるのではないでしょうか。

副作用は大丈夫か?

リアップなどの発毛・育毛剤は、頭皮の血流を良くするために、血管を広げる作用のある血圧を下げる薬から作られているため、副作用として心臓に負担がかかると言われていたこともあって、育毛剤の副作用は怖いという先入観を持っていました。

チャップアップは、医薬品などの強い作用のある成分は使用しないで、長くずっと使われ続けた実績・効果があって、その中でも副作用の苦情のない安全な成分を選んで配合してあるので、副作用の発生頻度がとても低い育毛剤となっています。

→ チャップアップの詳細は、こちら