薄毛コラム

育毛剤チャップアップには紫外線吸収剤が入っていない(無添加な)理由!

チャップアップ紫外線吸収剤が無添加です。

頭皮を紫外線から守ってくれる紫外線吸収剤を入れていないのには、理由があります。

その理由について解説して見たいと思います。

育毛剤に紫外線吸収剤は必要?

育毛剤には、天然由来の成分・化学成分を問わずに、添加物として髪の毛や頭皮に良い働きをする成分を配合してあります。

頭皮にとって直接、紫外線を浴び続けることは大きなダメージを受けることです。

紫外線は強力なパワーがあり、頭皮に悪影響を与え、髪の毛の成長を悪くしてしまいます。

紫外線からの保護をするものに日焼け止めクリームなどがありますが、育毛剤の中にも頭皮に紫外線の影響を与えないために紫外線吸収剤が入っているものもあります。

果たして、育毛剤に紫外線吸収剤は必要でしょうか?

紫外線吸収剤のメリット、デメリットから見ていきたいと思います。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤とは、夏に日焼け止めとして使うUVケア用品に含まれる成分です。

頭皮の表面に膜を張ることで、頭皮に当たる紫外線を吸収して熱エネルギーに変換して放出することで、頭皮を紫外線から守る働きをします。

紫外線吸収剤のメリット

強い紫外線を頭に受けると、頭皮の細胞がダメージを与えられて、どんどん老化していきます。

紫外線によって老化した頭皮は、保湿機能が低下して乾燥肌になったり、皮膚がんを発症したりします。

ダメージを受けた頭皮は、抜け毛になりやすく薄毛にもつながります。

紫外線吸収剤で頭皮を紫外線から守ることで、頭皮の環境を良い状態に保つことが出来ます。

紫外線吸収剤のデメリット

紫外線吸収剤は化学成分なので、敏感肌の方には刺激を与える添加物になる場合があります。

紫外線を熱エネルギーに変えて放出する時に、頭皮の水分も一緒に放出することで頭皮を乾燥肌にしてダメージを与える場合もあります。

紫外線から守っても紫外線吸収剤自体が、頭皮にダメージを与えるのであれば、配合する意味がなくなってしまいます。

まとめ

チャップアップは、頭皮にダメージを与えるような添加物は極力配合しないで無添加とするように、頭皮や髪の毛に優しい育毛剤を目指しています。

なので、以下のように刺激を引き起こす添加物には、それぞれの役割がありますが、そのメリットよりも、刺激を起こしたり髪の毛や頭皮へのダメージを与えるデメリットが大きので、チャップアップには無添加になっています。

成 分 役 割
鉱物油

肌表面に膜を作り、外部刺激から皮膚を保護

石油系界面活性剤

水分と油分を混ぜる乳化作用や保湿作用

パラベン

防腐剤

紫外線吸収剤

紫外線が髪の毛や頭皮に浸透しないように予防

シリコン

髪同士の摩擦を防いだり、傷んだ髪の表面を滑らかにして手触りを良くしてくれるコーティング剤

合成ポリマー

耐水性の高いコーティング剤

 

あわせて読みたい
頭皮に優しい育毛剤のチャップアップを実体験してレビュー・評価しました!頭皮が敏感肌になっていて使える育毛剤が限られる状態なので、無添加・無香料の頭皮に優しい育毛剤という評判のチャップアップを使ってみようと思...