薄毛コラム

育毛剤チャップアップ(chap up)は本当に、だめ(効果なし)なのでしょうか?

育毛剤のチャップアップは本当に、だめ(効果なし)なのでしょうか? 私の場合は、チャップアップを選んで使って育毛効果を実感することができました。

しかし、いかに人気のある育毛剤のチャップアップでも、効果を感じることの出来ない人もいます。

私が育毛剤をチャップアップに決めた理由

頭皮が敏感肌になったために刺激のある育毛剤ではヒリヒリして使うことが出来なくて困ったことから、次の点が挙げられます。

・頭皮に優しい成分で作られた育毛剤 → 優しい
・副作用が出にくい育毛剤 → 安全
・実際に一番売れている育毛剤 → 人気

 

頭皮に優しい成分で作られた育毛剤

薄毛・ハゲ対策は、育毛剤を付けるとすぐに効果があって、薄毛が完治するというものではなく、長く続けて付けるものなので、頭皮に優しい成分でなければ長く続けることが出来ません。

薄毛が進行してくような頭皮の状態であれば、頭皮環境は悪化して頭皮も傷んだり弱くなっているはずです。

できるだけ刺激のない天然由来の成分を使っているかが重要になってきます。

刺激を感じやすいアルコール類も、無添加もしくは、刺激を感じない程度のごく少量しか含んでいないタイプのものが良いです。

頭皮環境を悪化させるような成分が無添加で、無香料な育毛剤がベストです。

副作用が出にくい育毛剤

育毛をするには、効果が高いけれど副作用の可能性が高い医薬品の育毛剤・発毛剤や飲み薬もあるのですが、できるだけ副作用を心配しないですむ医薬部外品の育毛剤を選びます。

医薬部外品の育毛剤になると配合する成分の量にも制限があるので、すぐに大きな効果を感じることは出来にくいが、副作用の恐怖をさけることが重要だと思っています。

 

話をわかりやすくするために、医薬品であるリアップと、医薬部外品のチャップアップで比較をしてみたいと思います。

項 目 リアップ チャップアップ
区 分

医薬品 】である発毛剤

・発毛の効果があると認められた第一類医薬品

医薬部外品 】である育毛剤

・脱毛防止や育毛についての薬効が認められる成分は含んでいて、その作用は医薬品に比べると弱い

認可されている成分

頭皮の血行を良くして発毛を促進する有効成分を持つ医薬品成分として認可されている「ミノキシジル」を配合

脱毛の防止、育毛に効果があると認められた有効成分として次のものを配合

センブリエキス
・グリチルリチン酸ジカリウム
・ジフェンヒドラミンHCI

配合量

有効成分であるミノキシジルを高濃度で配合することが可能

治療ではなく予防や皮膚などを清潔に保つ目的で、定められた濃度でしか配合することが出来ないので十分な濃度を配合することは不可

 

特 徴

発毛の効果が認められている唯一の発毛剤であり薬なので、効果は高いがその分、副作用も大きいと言える

脱毛防止や育毛についての効果がある有効成分を配合しているが、十分な効果が期待できる程の濃度を配合出来ないため、短期間での効果は弱い

 

薬ではなく天然素材で作られていて副作用の心配が少ない

医薬品として認定されているリアップに比べると、医薬部外品であるチャップアップは、薬という立場ではないので、有効成分そのものが自然の植物の天然成分であり、十分な濃度を配合できないので、短期間での効果は薬に比べて低くなります。

チャップアップは成分が天然成分で作られているので、副作用をほとんど心配する必要がないのです。

安全が一番なのです。

実際に一番売れている育毛剤

人気があって売上も高く、買って使った人の多くが育毛効果を実感できた育毛剤であれば、自分にも効果がかなり期待出来る育毛剤だと思います。

チャップアップの場合、顧客満足度1位、おすすめ育毛剤1位、期待できる育毛剤1位であり、育毛剤3冠受賞しています。

さらには、チャップアップを使って育毛効果を実感したのが97%だという結果により、それだけ多くの人に育毛効果があるなら、自分にも効果が期待出来ると考えました。

チャップアップは本当にだめな育毛剤なの?

チャップアップの口コミでは、効果のある人が多いのですが、ほとんど効果のない人もいらっしゃいます。

チャップアップを使って効果を感じることが出来る人と出来ない人とは、どのような違いがあるのかを見ていきたいと思います。

チャップアップは、効果がないのでダメな人とは?

チャップアップは、副作用を心配しないで良い育毛剤というところが大きなポイントになります。

薬効が強力なキツイ成分が入っている訳ではないので、長く継続して使うことにより、段々と頭皮環境が整えられ育毛効果が得られるものです。

どうしても発毛という点においては、医薬品と比べると弱いので、脱毛症が進行して毛根の細胞が弱くなってしまっている場合には、効果を期待することは難しくなってきます。

 

はっきり言うと、下記のようなタイプの方には、育毛の効果は出にくいので、チャップアップを含め医薬部外品の育毛剤は使わない方が良いです。

チャップアップを使わないのが良い人

・抜け毛の進行がかなり進んでいる人

・完全にハゲてしまっている人

・皮膚の病気で頭皮に炎症がひどい人

・ケガなどで頭皮の細胞が死んでいる部分

 

チャップアップを使うと良い人とは?

私の場合もそうでしたが、ちょっと抜け毛が多くなって薄毛が始まりだしたかなという感じの頃から育毛剤を始めました。

まだ頭の全体的にしっかりと髪の毛がある状態から、育毛剤を使い始めているので、悪化し始めた頭皮環境をと整えることで、元気な髪の毛に生え替わった来ている段階かと思われます。

育毛剤では、完全にハゲてしまっている部分から新しい髪の毛が生えて、髪の毛が増えるというような現象は起きないと思ってもらうのが正しい理解の仕方だと思います。

髪の毛が増えるのではなく、元気のない弱々しく抜けやすい髪の毛が減って、元気で太いしっかりして長く生え続ける髪の毛に生え変わることで、髪の毛のボリュームが増えて薄毛に見えないという理解の仕方が正しいです。

 

医薬部外品の育毛剤のチャップアップを使うと良い効果が期待できるのは、次のような方なので、このような人におすすめ出来る育毛剤です。

チャップアップを使った方が良い人

・敏感肌なので頭皮に優しい育毛剤を使いたい

・副作用を心配しない育毛方法を選びたい

・抜け毛が気になってきた

・薄毛予防として早めの育毛活動として

→ チャップアップの詳細は、こちら