薄毛対策

睡眠が薄毛・ハゲを回復させる! 睡眠不足は抜け毛を増やす

睡眠不足になっていませんか? 睡眠不足は、抜け毛を増やします。

 

良質な睡眠を取ることで薄毛やハゲを回復することも可能です。

 

睡眠と育毛には深い関係があるのです。

 

 

睡眠中が一番、髪の毛を成長させる

睡眠が頭皮、髪の毛のダメージ回復

私たちの頭皮や髪の毛は、日中、起きて活動し生活している間に外部から色々とダメージを受けています。

 

頭皮にはホコリや汚れ、皮脂の酸化、紫外線、衝撃など、頭皮環境を悪化させるような環境の中で過ごしています。

 

頭皮や髪の毛の受けたダメージを回復するのが睡眠中であり、髪の毛を成長させるのも睡眠中です。

 

しっかりとした睡眠を十分に取らないと、全身の回復もそうですが、頭皮の回復も出来ないので質の悪い睡眠や睡眠不足は、薄毛・ハゲを進行させてしまうのです。

 

成長ホルモンがカギ

私たちは、質の良い睡眠によって身も心も回復するように出来ています。

 

と言うのも、眠っている間に体を修復して回復させたり、成長させたりするための成長ホルモンと呼ばれるホルモンが多く分泌されて働いてくれるからです。

 

頭皮や髪の毛についても成長ホルモンによって、修復・回復・成長が眠っている間に行われています。

 

薄毛・ハゲを回復させるには、睡眠時間をしっかりとって成長ホルモンを多く分泌することが重要になります。

 

質の良い睡眠が髪の毛を成長させる

成長ホルモンの分泌は、自律神経のうちの副交感神経の働きによってなされます。

 

副交感神経が最も活発に働く時間帯が、夜10時~深夜2時なのです。

 

つまり成長ホルモンが一番多く分泌されるのが22時~2時までの4時間であり、この時間帯を睡眠のゴールデンタイムと呼ばれ、成長ホルモンが多く分泌される時間帯に眠っていることが、髪の毛を成長させることになるのです。

 

成長ホルモンは、髪の毛を育てる毛根の中にある毛母細胞を活性化して、細胞分裂を盛んにして髪の毛を成長させます。

 

しかし、睡眠不足や質の悪い睡眠、不規則な時間での睡眠などの場合は、成長ホルモンの分泌が少なくなってしまうため、髪の成長が遅くなってしまいます。

 

夜更かししないで、深く良質な睡眠を取ることが、髪の毛を早く伸ばすことにつながります。

 

 

睡眠不足は、薄毛・ハゲを進行させる

寝不足になると抜け毛を増やして薄毛・ハゲを進行させます。

 

私たちは寝ている間に身体の修復・回復・成長をするのですが、十分な睡眠が取れない場合はどうなるのでしょうか?

 

身体を修復・回復するのにも優先順位があって、生命を維持していく臓器などを優先して行い、肌や髪の毛、爪などの修復・回復は後回しにされます。

 

したがって、十分な睡眠時間がないと頭皮や髪の毛の修復・回復に時間や栄養素が回らないようになってしまいます。

 

寝不足が肌に悪いと言われるのも、睡眠時間の不足が肌の修復にもろに現れてしまうからです。

 

肌の一部である頭皮にもその影響は大きく、頭皮の毛穴にある毛母細胞の修復・回復がおこなわれないままだと、髪の毛が成長しないばかりか、どんどん抜け毛が増えてしまい薄毛・ハゲが進行してしまいます。

 

しっかりと睡眠を取ることで、頭皮や髪の毛の修復・回復・成長が行われるようにする必要があります。

 

 

質の良い睡眠を取るには

十分な睡眠時間を確保することが一番良いのですが、睡眠の質を上げることで、十分な睡眠時間を取れる人も、取れない人も、頭皮や髪の毛の修復・回復・成長させる成長ホルモンを

 

私たちの眠りには、ノンレム睡眠(脳も体も両方、眠っている睡眠)とレム睡眠(脳は起きて体だけが眠っている睡眠)の2種類があって、交互に繰り返しています。

 

私たちは眠り始めると、最初にノンレム睡眠、そしてレム睡眠へと交互に繰り返すのですが、最初の90分のノンレム睡眠が一番深い眠りになるので、このノンレム睡眠がいかに深い睡眠としてとれるかがポイントとなります。

 

最初のノンレム睡眠において一晩で分泌される成長ホルモンの約70%~80%が分泌されるので、眠りはじめの90分をいかに良質の深い睡眠をとるかにかかってきます。

 

ただし、最初の90分の睡眠がしっかり取れれは、短時間の睡眠(2〜3時間)で良いのではなく、最低でも6時間以上はないと身体も頭皮や髪の毛も十分な修復・回復・成長をすることが出来ません。

 

深い眠りに入るための前準備

寝る前に強い光を浴びないこと

寝る直前まで、テレビを見たりパソコン、スマホ、タブレットなど見ないことです。

 

強い光によって眠りにつくまでの時間が長くなってしまいます。

日中に適度な運動をする

深い眠りに入るためには、適度に身体が疲労していると眠りにつきやすいです。

 

日中あまり体を動かさない仕事ばかりをしていると回復に必要な睡眠時間が少なくなるため、深い眠りにつきにくくなります。

 

日中に適度な運動をして体を多少疲れさせておきましょう。

 

ストレスをためない

ストレスがたまって脳が興奮して覚醒状態になると、脳が休まる態勢にならないで、眠りにつくまでの時間が長くなります。

 

脳が覚醒して交感神経が優位になると眠りにつくための副交感神経が優位になるまでに時間を要してなかなか眠れない状態になります。

 

自分なりの楽しみを見つけで、それによりストレスを解消するようにしましょう。