薄毛になる原因

頭皮が柔らかいとハゲるのかハゲないのかを解説!

頭皮は柔らかいと本当にハゲないのかを検証してみました。
やっぱり頭皮は柔らかく保ち、血行が良い状態が、髪の毛にとっては良いようです。

あなたの生活習慣は、ハゲを促進してしまってはいませんか?

頭皮の固さは、ハゲに関係している

結論から言うと、頭皮が柔らかくてもハゲる人は、禿げます。頭皮が硬いとか柔らかいということだけが、薄毛を作る原因ではないからです。薄毛になるには、様々な原因があるということです。

しかし、頭皮は柔らかく保ち、頭皮の血行を良くしておくことが、今後、髪の毛を長く保っていくためには重要なポイントなのです。

頭皮が柔らかいとハゲない?

世間では『頭皮が柔らかいと禿げない』と言われていますが、本当のことでしょうか? 
頭皮が柔らかいことと、ハゲることには、関連性はありますが、頭皮が柔らかければ絶対ハゲないということではありません。

薄毛と頭皮の状態については、次のような検証結果があります。

【 頭皮の固さと薄毛の関係についての調査結果 】

ライオン株式会社ビューティケア研究所では、男性の「薄毛」と「頭皮の硬さ」に関しての検証を実施。
 
30~40代男性65人を「薄毛」と「薄毛でない」の2グループに分けて、頭皮の硬さと水分量を測定しました。
結果、「薄毛」グループが「薄毛でない」グループと比べ、「頭皮が乾燥して、硬い状態である」ことがわかりました。
 

この検証結果からも、髪にとっては頭皮は柔らかい方が良いことには間違いありません。
では、頭皮が柔らかいとは、どのような状態を言うのでしょうか?

頭皮が柔らかい、硬いの違いは?

頭皮が柔らかいというのは、血行が良いので柔軟性があり、髪の毛に酸素や栄養分を十分に届けることができる状態です。

反対に頭皮が硬いということは、血行が悪く血液が循環していかないので、栄養分も不足しがちになり、頭皮が凝り固まっている状態のことです。

 

実際に、自分の頭(頭皮)を触ってみることで、頭皮の固さチェックが出来ます。

【 頭皮の固さチェック 】

おでこと頭皮はつながっているので、本来は、同じような硬さであるはずです。爪を立てないように、指の腹を頭皮に押し当てて、前後左右、さらには円を描くように指を動かしてみて下さい。

おでこでもやってみて下さい。どうでしょうか、おでこと同じように頭皮が指の動きと一緒にくっついて動いていますか?

スムーズに頭皮が指と一緒に動いていれば、頭皮は柔らかいと判断出来ます。しかし、動きが悪いと感じるなら、頭皮は硬いと判断できます。

 

頭皮が固くなる原因とは

頭皮が硬くなるのは、そのほとんどが血行が悪くなることです。スムーズに血液が流れて、各細胞や髪の毛に酸素や栄養分が行き届かないために頭皮が乾燥して硬くなるのです。

血行を悪くする原因の主な7つが以下の通りです。

姿勢
眼睛疲労
運動不足
睡眠不足
食生活の乱れ
ストレス
紫外線

【 姿勢 】
デスクワークなどで長時間同じような姿勢で座って仕事をすることが、筋肉に負担を与えて、コリ固まることで血行が悪くなることです。

【 眼精疲労 】
パソコンやスマホを長時間見ることが多くなってきています。目の疲労は、首や顔の筋肉にも影響し、こわばらせてしまいます。眼精疲労は、頭痛や肩こりなどを引き起こしますが、同様に周辺の頭皮の血行までも悪くしてしまうのです。

【 運動不足 】
血液を循環させるためには、ポンプ役として心臓はもちろんですが、筋肉の収縮や弛緩によっても血液は循環しています。運動不足により、筋力が落ちてしまうと血液を運ぶ力も低下してしまいます。全身の血流が悪くなることで、頭皮の血行も当然、悪くなってしまいます。

【 睡眠不足 】
そもそも、睡眠中に分泌される成長ホルモンによって、髪をつくる毛母細胞が活性化して、発毛が促進されます。睡眠不足や質の悪い睡眠は、成長ホルモンの分泌を抑制するので、髪の成長が悪くなります。

【 食生活の乱れ 】
肉類中心の食事やファストフード、インスタント食品などの偏った食事や暴飲暴食は、血液中に中性脂肪や悪玉コレステロールを増やして、血液ドロドロにしてしまいます。血液ドロドロになると血液が流れにくくなり、頭皮に行き着くための毛細血管を通過することが出来にくくなるため、頭皮の血行も悪くなります。

【 ストレス 】
ストレスにより自律神経のバランスが乱れると、交感神経が過剰に働いてしまって全身の筋肉が無意識のうちに緊張します。緊張状態が続くことで、筋肉周辺の血流が悪くなります。また、ストレスを感じて、血管を収縮させるホルモンが多く分泌されることで、血管が狭くなり血流が悪くなったりします。

【 紫外線 】
紫外線が頭皮に当たると、頭皮の老化(細胞を破壊)を起こします。その紫外線によるダメージは、頭皮を硬くしてしまい、血流が悪くなります。頭皮は体の中で1番高い位置にあるので、帽子などの予防策を取らないと一番影響を受ける場所です。

毛髪の量が少なかったり、細かったりすると、頭皮をカバーするものが弱いため、直接、紫外線が頭皮にさらされ、大きな被害を受けることになります。

頭皮を柔らかくすることで、育毛促進するには?

抜け毛を防ぐには、頭皮を柔らかくしておくことが必要だと理解できたと思います。では、頭皮を柔らかくするには、普段からどのように生活していけばよいのかをまとめました。

頭皮を柔らかく保つことは、血液が毛細血管にまで届き、酸素や栄養分が十分に頭皮に行き届くということです。そうすることで、髪の毛にも栄養分が行き渡り、しっかりした髪の毛を育毛できるようになるのです。

頭皮マッサージ

【 側面マッサージ 】
耳を覆うように、小指から人差し指の4本で指の腹を側頭部に当てます。
各指が円を描くようにマッサージして、頭頂部の方向に徐々に上げて行きます。
頭皮の血液は下から頭頂部に向かって流れているので、その方向にマッサージします。

【 髪の生え際マッサージ 】
前髪の生え際のおでこに沿って両手の指を置きます。小指がちょうど、額の真ん中あたりで人差し指がこめかみに位置すると思います。
各指が円を描くようにマッサージして、頭頂部の方向に徐々に上げて行きます。

※注意点

・指の腹を使い、爪を立てないこと
・頭皮は軽く押す程度で、強く押しすぎないこと
・長くやりすぎると頭皮に負担がかかるので、1回5分程度にすること

目を疲れさせない

髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質ですが、このケラチンはシステインという物質によって合成されています。

目が疲れてくると疲労回復のためにビタミンB群やシステインなどが多く消費されます。これらの栄養素は、育毛に必要な成分なので、眼精疲労によって多く消費されると、髪に栄養分が行かなくなり薄毛の原因となります。

また、眼精疲労は、頭痛や肩こりなどを引き起こして、周辺の頭皮の血行までも悪くしてしまうのです。

眼精疲労、疲れ目の予防方法としては、

・長時間目を使う仕事のときには、定期的に眼を休める。
・近くのものばかりを見続けないで、遠くをみて眼の筋肉の緊張を和らげる。
・眼の周りをマッサージしたり、蒸しタオルで眼を暖めて血行を良くする。

適度な運動

血液をスムーズに全身に循環させるには、心臓以外に筋肉を使うことで可能にします。下半身まで下がった血液を汲み上げるには足のふくらはぎの筋肉が有効です。ウォーキングなどの有酸素運動が特に効果的です。

また、運動して汗をかくことで、汗と一緒に体内の老廃物も排出するので、更に血行が良くなります。

良質な睡眠

良質な睡眠をとることで、睡眠中に分泌される成長ホルモンが髪をつくる毛母細胞を活性化して、発毛が促進されます。夜更かしすることなく、最低でも6時間以上は、睡眠時間を取りましょう。

食生活の改善

野菜を中心とした和食をメインにバランスの良い食事になるように心がけましょう。青魚や黒酢、にんにく、玉ねぎなど血液サラサラ成分を含む食材を多く摂ることで、血液が毛細血管にも流れやすくなるので、頭皮の血行も良くなります。

ドライヤーの使い方

シャンプー後のドライヤーには注意が必要です。使い方を間違えると、頭皮を痛めてしまいます。だからと言って、髪を濡れた状態で放っておくことはダメージヘアにもなりますし、頭皮にも悪影響を及ぼします。

 

【 ドライヤーのかけ方 】

ドライヤーの使用時間を短くするために、しっかりとタオルで髪の毛の水分を取ります。(ドライタオル)

そして、ドライヤーをかけるのですが、ポイントは以下の3つです。

ドライヤーは頭皮から15㎝~20㎝くらい離して使うこと。

髪の根元の方から乾かすように、ドライヤーを動かすこと。

一箇所に長時間あてないで、髪全体をまんべんなく乾かすようにすること。

髪全体が乾くようにドライヤーをかけ、乾き残しの部分がないようにしましょう。

まとめ

頭皮の柔らかさがハゲることに関係はしています。

頭皮が柔らかいからといって、必ずハゲない訳ではありません。

頭皮が硬くなると、血行が悪い状態なので、薄毛になる確率が高くなります。

ハゲたくなければ、頭皮を硬くしないように生活習慣を変える必要があります。

ハゲを改善するには、頭皮を柔らかく保つ必要があり、頭皮の血行を悪くしないように生活習慣を変えることは、もちろんですが、それだけでは目に見えた効果は出にくいものです。それと並行して、髪の毛が元気になる成分を与えて上げることが大事かと思います。

即効性がある訳ではありませんが、育毛剤の活用も試して見る価値はあります。私は、手遅れになりたくなかったので、自分に効果のある育毛剤を色々と試して、見つけ出すことができました。