薄毛になる原因

薄毛・ハゲの人は、水分不足が原因かも? ハゲたくなかったら水を飲め!

薄毛 やハゲの人は、水分をあまり摂らない傾向があるようです。

 

あなたは、しっかりと水分を摂っていますか?

 

そんなに水ばかり飲めないよ! と言われるかも知れませんが、ハゲたくなければ、水を飲んでください。

 

ハゲないためには水分が需要

成人の身体の水分量の割合は約6割と言われるくらい大部分が水になります。

 

体内の約2/3の水分は、細胞の中に存在していて、残りの約1/3は血液やリンパ液などに含まれています。

 

これだけ大部分を占める体内の水分量が、頭皮や髪の毛に大きく影響しているのです。

 

髪の毛にとって一番重要なのは、血液の水分量になります。

 

血液の水分濃度

髪の毛が成長するには、頭皮とつながっている毛細血管を通じて、血液から栄養分を受け取っています。

 

頭皮の毛細血管の血液の流れが悪くなると、髪の毛の成長に必要な栄養分が不足して、髪の毛が細くなって抜け毛も増えることで、薄毛につながります。

 

水分不足で血液の水分濃度が低くなると、血液中の脂肪分、コレステロール、糖分などの濃度が高くなり、血液ドロドロの状態になるので、血管内を流れにくくなります。

 

特に、頭皮につながる毛細血管は、心臓から離れた末端の部分にある細い血管となるので、余計に流れにくくなります。

 

頭皮の水分量

体内の水分量は、全身の皮膚の状態にも大きく影響しているので、皮膚の一部である頭皮にも当然、影響しています。

 

体内の水分量が適度であれば、頭皮の乾燥を内部から防ぐことが出来ますが、水分不足であれば、頭皮を乾燥させ硬くしてしまうことで、血行が悪くなり血液が循環していかなくなるので、薄毛につながります。

 

また、頭皮が乾燥すると乾燥肌や頭皮がカサカサになったり、炎症を起こしたりと、頭皮環境を悪化させることになり、育毛に悪影響を与えます。

 

必要な水分量は、どのくらいなの?

人が水分不足ならないためには、どのくらいの水分を摂る必要があると思いますか?

 

体の中の水分は、汗や呼吸、オシッコやウンチなどに含まれて、どんどん排出されているので、1日に約2.5リットルも失われています。

 

普通に1日3食を食べている人は、3回の食事で約1リットルの水分を摂ることが出来ています。

 

そして、その食事が体内で分解される時の発生する水分が代謝水と呼ばれ約0.3リットルあります。

 

脂肪が体内で燃焼された後にできる水分なので、燃焼水とも呼ばれます。

 

ということは、普通に食事をして食べたものを分解することで、1リットル + 0.3リットル =約 1.3リットル が体内に取り込まれているのです。

 

しかし、約1.3リットルあっても、約2.5リットルは排出されるので、1.2リットルが不足します。

 

最低でも食事以外で1.2リットル分の水分を摂る必要があり、摂らない水分不足になります。

汗を多くかく運動中・運動後や、気温の高い場所や季節などには、それよりもっと多くの水分を摂らなければ不足します。

 

したがって、最低でも1.2リットル以上の水分を摂らなければ、水分不足になっている訳です。

 

どんなタイミングで水分を摂れば良い?

水分は1度にたくさん摂ると、体内の水分の調整をする腎臓に負担がかかるので、少量の水をこまめに摂るのが良いです。

 

ノドが渇きを感じたら、水分不足の状態になっていますので、喉が渇いたと感じる前に水分を摂れるように生活リズムをつかみましょう。

 

【 朝起きてすぐ 】

寝ている間には汗や呼吸などで、かなりの水分が排出されています。

 

起床してすぐは、水分不足状態なので、コップ1杯(150ml~250ml)程度の水を飲みましょう。

 

【 食事と食事の間 】

朝食、昼食、夕食、就寝前の間で、こまめにコップ1杯(150ml~250ml)程度の水分を摂るようにして下さい。

 

ノドが渇いたと感じる前に水分補給できるようなタイミングで飲んでください。

 

【 寝る前 】

寝る前は、トイレに行きたくなるのが嫌なので水分は摂りたがらない人が多いですが、睡眠中は多くの水分を放出するので、寝ている間に過度の水分不足とならないためにも、少なめの水を飲んで寝ましょう。

 

水、以外の水分でも大丈夫?

水を摂ると言っても、単なる水だけを飲むのは、難しい人もいます。

 

メインは、やはり水になりますが、自分の好みも飲み物も取り入れていけば良いと思います。

 

水分を摂るつもりが逆に、利尿作用が高くてよけいに水分不足になるような飲みのものは注意しましょう。

 

【 カフェインを多く含むもの 】 

カフェインを含むコーヒー・紅茶・緑茶・ウーロン茶・コーラなどは、カフェインの利尿作用により、オシッコが多く出て、水分不足を招きます。

 

【 カリウムを多く含むもの 】

カリウムを多く含むトマトジュース・牛乳・ビール・赤ワインなども、カリウムの利尿作用により、オシッコが多く出て、水分不足を招きます。

 

さらに、ビールや赤ワインなどのアルコール類は、アルコールを体内で分解・代謝するのに水分を必要とすして、摂取した水分よりも多くの水分をオシッコとしてだしてしまうので、注意が必要です。

 

水分をしっかり摂っても、薄毛が進行する場合は、育毛剤も併用して使ってみましょう。

 

ちなみに私は、髪の毛に優しいシャンプーと育毛剤で、薄毛を改善しました。

 

あわせて読みたい
頭皮に優しい育毛剤のチャップアップを実体験してレビュー・評価しました!頭皮が敏感肌になっていて使える育毛剤が限られる状態なので、無添加・無香料の頭皮に優しい育毛剤という評判のチャップアップを使ってみようと思...