薄毛になる原因

シャンプーをしすぎると、頭皮や髪の毛にダメージ。ハゲ・薄毛の原因に!

頭をキレイにしようとして、シャンプーをし過ぎると、ハゲ・薄毛の原因になります。

 

あなたは、毎日、シャンプーを何回していますか?

シャンプーは、しすぎると髪の毛を傷めて抜け毛を増やしてしまいます。

 

シャンプーを1日に何回もすることで、頭皮や髪の毛を清潔に保っているのに、どうしてイケナイのと思われるかも知れません。

 

皮脂の分泌が多くなければ1日に1回、もしくは、1日おきにシャンプーするくらいが、頭皮や髪の毛にとってはダメージが少ないと言えます。

 

 

市販のシャンプーで1日何回もシャンプーしていると・・・

市販のシャンプーは、洗浄力が強く必要以上に頭皮の皮脂を落としてしまうのです。

 

皮脂は汗と混ざって頭皮を保護する皮脂膜を作り上げるのですが、皮脂がなくなってしまうと皮脂膜が作れません。

 

皮脂膜は頭皮を包む油膜で、頭皮を保湿したり、頭皮をホコリや紫外線などから保護する働きがありますが、皮脂膜がなくなると頭皮を保湿や保護することが出来なくなります。

 

また、皮脂膜には常在菌が棲み着いていて、弱酸性に保つことで、その他の雑菌の侵入を防いでいます。

 

1日に何回もシャンプーして頭皮の皮脂を落としすぎてしまうと、次のような悪影響を与えてしまいます。

 

皮脂不足の状態が続くと、カラダは皮脂不足にならないように過剰に皮脂を分泌するようになります。

 

皮脂過剰分泌になると頭皮がベトベトするので、シャンプーの回数が増えて、シャンプーのし過ぎになると皮脂不足になって、また、皮脂が過剰分泌されるようになるという悪循環になります。

 

皮脂の不足は、頭皮の乾燥に

皮脂の不足で皮脂膜が作られないと、頭皮の保湿も出来なくなります。

 

頭皮が乾燥していると髪の毛の成長につながる毛母細胞もうまく働かないため、髪の毛の成長が止まり抜け毛が増えてしまいます。

 

毎日、市販のシャンプーで洗っていると、皮脂不足が続き頭皮環境が回復する時がないので、どんどん抜け毛が増えていく訳です。

 

 

皮脂膜のためにも夜にシャンプーがベスト

シャンプーは頭皮や髪の毛のためにも、1日1回もしくは2日に1回のペースで行うのが良いです。

 

シャンプーするタイミングとしては、夜にするのがベストです。

 

睡眠中は頭皮をキレイにしておくことが、髪の毛の成長に良いので、基本的に夜にシャンプーで洗髪するのが良い理由です。

 

また、シャンプーをして取れてしまった皮脂膜を作るのに数時間かかるので、夜寝ている間に、頭皮の保護バリヤの働きをする皮脂膜が作られるようにするのが頭皮にとっては良いのです。

 

朝シャンで皮脂膜を洗い流してすぐに外出すると、皮脂膜で頭皮が守られていない状態で外に出ることになるので、頭皮にはダメージが大きくなります。

 

 

アミノ酸系のスカルプシャンプーで頭皮や髪の毛のダメージを減らす

抜け毛や薄毛が気になるのであれば、市販のシャンプーで毎日洗髪するという一番に頭皮や髪の毛にダメージを与えるような行為は、すぐにやめることをオススメします。

 

アミノ酸系のスカルプシャンプーはマイルドな洗浄力で、頭皮に必要となる皮脂は残して、洗浄し過ぎないのが特徴です。

 

スカルプシャンプーであれば、毛穴に詰まった汚れはしっかり落としてくれて、必要な皮脂やキューティクルは落とし過ぎないように洗うことができます。

 

スカルプシャンプーによって、皮脂や常在菌を落としすぎないように洗髪することが重要になります。

 

抜け毛が一番多いのはシャンプーの時です。頭皮に優しいシャンプーを選ぼう!

 

抜け毛を予防したいなら、正しいやり方でのシャンプーが必須です。

→ 抜け毛を減らすシャンプーの方法とは?

 

あわせて読みたい
朝シャンで頭皮を守る皮脂の膜を落とすと、ハゲやすくなるの?朝、出かける前にシャンプーをする朝シャンをすると、薄毛・ハゲになりやすいと聞くけど、本当なのでしょうか? 頭皮を常に清潔に保つので...