薄毛対策

チャップアップは、40代・50代でも薄毛に効果が期待できるの?

チャップアップは、40代や50代の薄毛にも効果が期待できるのでしょうか?

育毛剤による薄毛の対策は、開始する年齢が問題ではありません。薄毛の進行度がどこまで進んでいるかによります。

20代で若くても薄毛の進行が、かなり進んでいると育毛剤では対応が難しい場合もあるし、40代以上でも薄毛の進行が遅く、薄毛の程度が軽ければ、まだまだ育毛剤による効果を期待出来ます。

40代・50代~の薄毛の原因とは

男性ホルモンの影響

40代からの抜け毛(脱毛)が増える一番の原因が、男性型脱毛症(AGA)と呼ばれる症状によるものです。

男性型脱毛症が40代以降で発症すると、壮年脱毛症と呼ばれています。

男性型脱毛症(壮年性脱毛症)は、悪玉の男性ホルモンが影響する薄毛です。誰もが持っている男性ホルモンで、髭や毛髪を濃くしたり、太い骨格や筋肉などを作るテストステロン(TS)という必要な男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素と結合して、抜け毛を増やす原因となるジヒドロテストステロン(DHT)に変換されることで薄毛になります。

ジヒドロテストステロンは、毛根に早く抜け毛になるように指示して、髪の毛が太く成長するまでに抜けるようになります。その結果、細く短い髪の毛が多くなり、薄毛が目立つようになるのです。

 

年齢による薄毛

年齢を重ねて40代を越えるようになると、髪の毛を成長させる力も低下してきます。血液を全身に送るための筋力の衰えによる血行不良や、新陳代謝の低下があります。

それに加えて加齢の影響により年々、臓器の機能が衰えてくると髪の毛の成長も悪くなり、髪の毛が細くなっていき、そして抜け毛が増えて薄毛になっていきます。

さらには、老化により全身の細胞の働きが低下すると、髪の毛が成長する上でとても重要な役割を果たす毛包幹細胞も働きが低下し、その毛根から髪の毛が生えなくなってしまうということもあります。

 

生活習慣の乱れ・ストレス

40代を越えると、若い頃に比べて運動する量が減ったり、接待などの外食が増えたり、睡眠不足が続いたりと生活習慣の乱れが多くなります。

また、責任のある仕事(管理職への昇格)などにより、仕事面でも家庭面でも周囲からのストレスも増加してきます。

これらの影響により、頭皮への血行不良や栄養不足など、薄毛の大きな要因となってしまいます。

 

チャップアップの利用者の年代は?

では、チャップアップの利用者の年代で一番多いのは、どの年代でしょうか? 何と一番多いのが40代だという結果が出ています。

年代 利用者の割合
10代  4%
20代 20%
30代 27%
40代 40%
50代以上  9%

育毛剤チャップアップの利用者の内、一番多い年代が40代で40%という結果となっています。

40代以上となると、40% + 9% = 49% もの人がチャップアップを使っているということになります。