薄毛対策

AGA治療には、どんな方法があるんですか? 副作用が心配

男性型脱毛症(AGA)にはいろいろな治療法がありますが、出来るだけ副作用のない方法を選びたいとは思いませんか?

 

男性型脱毛症(AGA)は完治することがないと言われている以上、副作用の強いものであれば、続けていくことが困難になります。

 

あなたは、副作用で体を壊してまで、AGA治療を続けますか?

 

 

男性型脱毛症(AGA)を治すには、どんな方法があるの?

男性ホルモンの影響による男性型脱毛症(AGA)には、どんな治療法があるのでしょうか?

 

男性型脱毛症(AGA)が原因で抜け毛が増えるのは、普通の男性ホルモンが変化して、毛根を攻撃する悪玉の男性ホルモンが多く作られるためです。

 

この男性型脱毛症(AGA)には、現在のところ完治させる方法がなく、治療薬を長く使い続ける必要があります。

 

いかに悪玉男性ホルモンを作らせないようにし、頭皮環境を改善することで、症状を現状維持もしくは進行を遅らせるかが、治療の限界ということになります。

 

いかに早期から対応するか…ということも重要です。

 

AGAの治療には色々な方法があるので、どのような治療方法があるのかを調べてみました。

AGAクリニック

男性型脱毛症(AGA)を専門とする医療機関のことで、薄毛や抜け毛に悩む方のために、専用に設けられた発毛・育毛の専門クリニックです。

 

このAGAクリニックでの治療法には、AGAによる抜け毛の進行を抑制する治療(単剤処方治療)と、発毛を目的とした積極的な発毛治療があります。

 

【 単剤処方治療 】

男性型脱毛症(AGA)の進行を抑制するため、内服薬としてプロペシア錠やフィナステリド錠を飲んで治療するもの

 

 

【 発毛治療 】

各クリニックごとの独自な手法

発毛効果を高める成分を、注射器や電気パルス(電気振動)によって、頭皮の毛根まで直接送り込む治療のこと

 

発毛効果を高める成分は、ミノキシジルやフィナステリド、成長因子、ビタミン等の発毛・育毛成分です。

 

皮膚科・総合病院

皮膚科や総合病院でも、男性型脱毛症(AGA)の治療をすることは可能です。

 

しかし、プロペシア錠やフィナステリド錠などの薬の処方が中心で、男性型脱毛症(AGA)の進行を抑制するところまでの治療しかできません。

 

頭皮ケアや、頭皮に発毛効果のある成分を注入するような、発毛治療はありません。

 

育毛サロン

頭皮の洗浄やマッサージ、育毛剤の処方などを行い、頭皮環境を改善して育毛をしたり、発毛を促進させるところです。

 

医療機関ではないので、医療行為、および、薬の処方は出来ません。

育毛剤

育毛剤を自分で選び、育毛していくことです。

 

クリニックや病院で薬を処方してもらう場合は、長期に渡って飲み続ける必要があるので、副作用がとても気になります。

 

その点、育毛剤の使用であれば、効果が出るまでに多少時間はかかりますが、大きな副作用の心配はありません。

 

薄毛が気になりだした初期の頃、まずは手始めに、試してみるのはアリだと思います。

個人輸入

クリニックに通うのが金銭的に難しい場合などに、クリニックで処方されるような治療薬を安く購入し、自分で治療することです。

 

個人で直接輸入したり、輸入代行業者を利用して海外の医薬品を個人輸入して使うことは、法律上OKです。

 

海外から輸入できるAGA治療薬の中には、日本国内で処方される薬と同等の作用の薬もあるので、クリニックで処方してもらうより安く購入出来ます。

 

しかも、インターネットを使うことで、簡単に入手することができます。

 

ただし、輸入したAGA治療薬の使用にあたっては、自己責任での服用となります。

やっぱり、副作用が心配

育毛剤には強い成分が含まれていないので、効果を感じるまでには、どうしても時間がかかります。

 

しかし、効き目の強い成分を使っての治療は、高い効果が期待できる反面、副作用も心配になります。

男性型脱毛症(AGA)は完治することがないので、現状を維持するためには、その治療法を一生続ける必要があるのです。

 

考え方は人それぞれですが、私には副作用のほとんどない安全な方法を選ぶことしかできません。

私は、頭皮に優しい育毛剤を、使い続けるしかないと思っています。

→ 頭皮にとても優しい育毛剤の詳細は、こちら