薄毛コラム

育毛剤が頭皮にしみる原因を知ってますか?

 

育毛剤は、色々な種類がありますが、頭皮の状態によっては、しみるものがあります。刺激がある程度強い育毛剤であると、使い始めは大丈夫でも、しばらくするとしみるようになる場合があります。

しみて痛みを伴う場合は、継続して使うことは出来ないです。頭皮の環境を悪化させて、さらに抜け毛を増やすことにもなる場合があるので、注意が必要です。

頭皮にしみる原因となる物質とは?

頭皮にしみて痛くなる原因の代表的な物質は、アルコール類です。育毛剤に含まれるアルコール類は、以下のようなものです。

・無水エタノール
・エタノール
・フェノキシエタノール
・ブチレングリコール

アルコール類は、常温で空気中に蒸発しやすい(揮発性が高い)ために、皮膚表面の体温を下げる働きと、消毒の働きとして、ばい菌も皮膚の細胞も破壊して、強い刺激を感じることでしみる場合があります。なので、だんだんとアルコールを含まない育毛剤が増えています。

 

なぜ、アルコール類を入れているのかというと、配合成分が腐らないために殺菌するためであったり、含まれる天然抽出成分をより育毛剤内に安定化して定着させる目的があります。

 

配合成分を腐らないようにするために、パラベンという防腐剤が使われていたのですが、刺激が強すぎるためにエタノールなどのアルコールが使われるようになったのですが、敏感肌の方にとっては、それでも刺激が強いものなのです。

 

無水エタノールとエタノール

無水エタノールは、水を含まないエタノールなので、消毒などに使われる濃度の高いエタノールのことです。精製水などで薄めたものをエタノールと呼んでいます。

 

防腐剤の役割として配合される場合もありますが、天然植物からエキスを抽出するためにアルコールを使用するので、どうしても含まれてしまう場合もあります。

 

いずれにしても、エタノールは刺激が強いので敏感肌の人はもちろん、使い続けることで逃避がダメージを受けて敏感肌になる可能性も高いので、できるだでエタノールの含まれないものを選ぶのが正解です。

 

成分としてエタノールが入っていても、成分表の中でも後の方で記載されているものを選ぶのがポイントです。育毛剤の成分表には、含まれる量の多い成分から順番に書かれているので、エタノールの記載が後ろ(下の方)にあるほど、入っている量が少なく刺激も少ないと言えます。

 

フェノキシエタノール

フェノキシエタノールは、名前にエタノールというアルコール類の名称が入っているので、刺激が強いと想像してしまいます。

 

しかし、フェノキシエタノールは、緑茶や玉露などに含まれる天然成分で、比較的刺激の少ない成分です。育毛剤に含まれる成分の防腐剤としての働きをします。

 

 

ブチレングリコール

ブチレングリコールは、BGと表記されますが、水溶性の成分で、化学的な分類では多価アルコール類になりますので、アルコールの1種です。防腐剤としての抗菌効果の他にも、保湿効果がある成分です。

 

アルコール類に属しますが、比較的刺激が弱いので、エタノールの代用品としても、無色無臭で、わずかな粘性があり保湿力もあることからも、化粧品に多く使われるようになりました。

 

 

刺激の少ない、しみにくい育毛剤を選ぶには

育毛剤に含まれる成分で、頭皮にしみる原因のものが何なのかが、お分かりいただけたと思います。

 

しかし、防腐剤的な役割を果たす成分のものが入っていないと、育毛剤は常温で放置しておく訳には行きません。何らかの防腐剤は必要なのです。

 

防腐剤の働きをするものとしては、やはりアルコール類のものが使われるので、できるだけ刺激の少ないタイプのものや、無水エタノールのように刺激が強いものは、できるだき少量しか入っていないものを選ぶ必要があります。

 

育毛剤の成分表を確認して、刺激成分が何番目に記載されているかを見ておくことが重要です。出来るだけ後の方に書かれていると、入っている量も少ないので、ほとんど刺激のない育毛剤を選ぶことができます。

 

自分は刺激に強いから大丈夫とは、思ってはダメ!

私は、勝手なイメージですが、頭皮につけた時に、シュワッとするのが、育毛に効果があるように思っていたので、育毛剤を始めた頃は、刺激のあるものを使っていました。使い始めは、問題なく使えていたのですが、長期にわたって使うようになると、トラブルが発生しました。

 

昨日まで、何ともなく使えていた育毛剤が、つけるたびに頭皮にしみて、痛みまで感じるようになったのです。しばらく中断して、また使い始めたのですが、やはり頭皮にしみて痛みを感じてしまいます。

 

頭皮がデリケートになってきたということでしょうか。頭皮については敏感に反応する敏感肌になってしまったようでした。

 

刺激に強い肌をお持ちの方であっても、出来るだけ刺激の少ない育毛剤を使い始めることがとっても重要だと思います。

 

きちんと成分表を確認した上で、できれば口コミも確認しながら、育毛剤を選びましょう!