薄毛コラム

ノンシリコンシャンプーのメリット 育毛するならノンシリコンで!

ノンシリコンシャンプーやシリコンシャンプーにこだわる必要はありません。

 

自分の髪にあったタイプのシャンプーを使うことです。

 

育毛に力を入れるなら、ノンシリコンシャンプーの方が、メリットありだと思います。

 

シリコンシャンプーが当たり前だった

昔は、シリコンの入ったシャンプーが普通だったので、シリコンシャンプーとかノンシリコンシャンプーとかを区別して使うことはなかったです。

 

そもそもシリコンシャンプーは、どうやって誕生したのでしょうか?

 

市販のシャンプーは、石油系の洗浄剤の合成界面活性剤というのが使われています。

 

これらのシャンプーは洗浄力が強く、アルカリ性になっています。

それに対して、頭皮や髪の毛は弱酸性なので、しっかり洗うと髪の毛に必要な水分を逃したり、髪の毛を保護するキューティクルを剥がしたりして、髪の毛がきしんだりごわついたりしていました。

 

洗浄力が強いために髪の毛がきしんだり、毛が絡まったりしないようにしようとして、髪の毛のすべりを良くするシリコン(ケイ素を化学的に合成して作った樹脂)をシャンプーの中に入れるようにしたようです。

 

シリコンは、髪の毛の表面を皮膜でコーティングして摩擦を少なくすることで、髪の毛の指通りを良くしたり、髪の毛にツヤを出してくれます。

 

シリコンの悪い点・デメリットは?

シリコンは、髪の毛をコーティングするものですが、しっかり洗い流さないと落ちにくい性質があるので、髪の毛や頭皮の毛穴にも残留してしまいます。

 

シャンプーは、ほぼ毎日するものなので、すすぎがきちんと出来ていないと、毛穴にどんどん蓄積されます。

 

毛穴が詰まると炎症を起こしたり、頭皮の環境を悪くしてフケやかゆみ、頭皮の血行を悪くするなど髪の毛の成長に悪影響を与えてしまいます。

 

シリコンは髪の毛の表面をコーティングしているので、パーマ液が入りにくくパーマがかかりにくいとか、カラーリング剤が入りにくく白髪染めなどもやりにくくなります。

 

また、髪の毛からシリコンが剥がれ落ちる時に、キューティクルも一緒に剥がれてしまうこともあります。

 

ノンシリコンシャンプーのメリットは

シリコンが多く入ったシャンプーは、頭皮や髪の毛が少しベタッとなるのに対して、ノンシリコンのシャンプーは、洗い上がりが軽くサラッとしてフワフワに仕上がる感じです。

 

シリコンが入っていないので、頭皮の毛穴などに詰まって髪の毛の成長に悪影響を与えることも少ないし、シリコンが髪の毛に残留してキューティクルを破壊するようなことを心配する必要もありません。

 

ノンシリコンシャンプーのデメリットは

シリコンシャンプーを使っていた人からすると、髪の毛がコーティングされていないので、髪の毛がきしんだり、摩擦が多くなって指通りが悪くなったり、絡みやすくなったり、ツヤがなくなったりします。

 

また、髪の毛がコーティングされていないので外部からの熱などの影響を受けやすくなり、ドライヤーはヘアアイロンなどによって髪の毛にダメージを与えやすくなります。

 

 

ノンシリコンシャンプーにこだわる必要はない

アミノ酸系のノンシリコンシャンプーは、洗浄力がそれほど強くないので、シリコンを入れなくてもそんなに髪の毛がきしんだり、パサつくことがないのです。

 

なので美容室専用で使われているアミノ酸系のシャンプーは、元々からシリコンなど入れる必要もないノンシリコンシャンプーのようです。

 

髪の毛が長くて髪の毛同士で摩擦が多い人は、髪質がパサつきやすい人などは、シリコンシャンプーで髪の毛をコーティングする方が髪の毛を傷めないのかも知れません。

 

髪の毛が短い人や、育毛に力を入れたい人などは、刺激が少なく頭皮や髪の毛に優しいアミノ酸系のノンシリコンシャンプーを使うことが良いでしょう。

 

育毛にこだわる私は

育毛に力を入れている私は、ノンシリコンシャンプーを愛用していますが、特に髪の毛がきしむと感じることもなく、ふんわりとフワフワな仕上がりに満足しています。

あわせて読みたい
髪が細くなったと感じたら、シャンプーを見直し!チャップアップ・シャンプーのレビュー髪の毛が細くなったのは、シャンプーのせい? 髪の毛が以前と比べて少し細くなり、薄毛になったと感じたのでシャンプーに問題があるのでは、と...