薄毛対策

ハゲ・薄毛の少ない県の特徴から、薄毛対策をしてみては?

ハゲ・薄毛の少ない県とは、どのような特徴があるのでしょうか?

 

ハゲの少ないのには、それなりの理由があります。

 

ちなみに、日本は世界中で14番目にハゲの多い国のようです。

 

ハゲの少ない県

ハゲ・薄毛の人が少ない県とは、何か特徴がるのでしょうか?

 

どうやら、その土地ならではの食べ物(料理)であったり、県民性というか性格、その土地の気候が大きく関係しているようです。

 

以前は、脂質の少ないさっぱりした食事が多く、細かいことはあまり気にしないおおらかな性格の人が多く、日照時間が長く紫外線への抵抗力がある地方の県である沖縄県がハゲが少ないと言われていました。

 

具体的のその理由を説明したいと思います。

 

食べ物

南国の温かい地方では年中気温が高いので、脂質の多い食事をとって寒さをしのぐ必要がないので、脂質の比較的少ない食生活の習慣があります。

 

冷暖房設備が整った現代では、室内であればどの地域でも快適に生活はできるのですが、昔からの食生活の習慣は引き継がれていることが多く、寒い北の地方では脂質や糖分の多い濃い味の食事が多くなっています。

 

南国、特に沖縄などは、さっぱりした味付けで脂質の少ない食事であったので、長寿でもありハゲの人も少なかったようです。

 

沖縄は、戦後、アメリカの占領下にあったこともあり、かなり早い時期から欧米の食文化の脂質の多いファストフードを食べるようになって、食事の内容は一変しました。

 

なので沖縄県は、ハゲの少ない県と言われてきましたが、今後はハゲの多い県になっていくと思われます。

 

性格

人工の多い首都圏エリアでは、日常的にストレスを受けることが多くなり、ストレスがたまることで薄毛になりやすいと言えます。

 

都会では、性格の明るい人であってもストレスが発生しやすい環境で暮らしているので、のどかな田舎暮らしの人と比べると、ストレスをためやすくなります。

 

南国の沖縄は県民性からも、ストレスをためにくい、おおらかな性格の人が多く存在しています。

 

 

天候

日照時間が少ない地方が紫外線による影響を頭皮が受けにくいと思ってしまいますが、実際は、紫外線を受けない分、紫外線への抵抗力が弱くなり、かえって頭皮環境が悪くなりやすケースも多いようです。

 

日照時間が長い地方や、外で紫外線を多く浴びる仕事をする人が多い地方の方が、薄毛が少ない場合が多くあります。

 

特に漁師など、とても環境のひどい仕事なのに、なぜか漁師は、ハゲが少ないと言われます。

 

漁師はかなり危険な仕事でもあり、頭皮や髪の毛に有害な紫外線を誰よりも多く浴びるような仕事をしています。

 

紫外線への抵抗力がとてつもなく強くなっていることもあるのでしょうが、漁師がたくさん食べる食材、つまりは魚介類が育毛にとても良いからだという理由があるからです。

 

まとめ

地域格差によって、ハゲになりやすい環境、なりにくい環境に分類されるのですが、その内容に注意をしてけば、薄毛対策につながるとも言えます。

 

つまり薄毛になりやすい食事に気をつけて、育毛に良い食事をしたり、ストレスをためないような工夫として自分なりのストレス解消法を見つける、紫外線対策や、育毛に良い生活習慣をすることで、薄毛対策にしていくことです。

 

過酷な労働条件である漁師さんのハゲが少ないのは、食べものにより育毛が良くなっているという証明にもなるので、育毛に良い食事を日頃から心がけると、良いハゲ対策になると思います。

 

あわせて読みたい
頭皮や髪の毛の栄養素となる食べ物は?頭皮や髪の毛の栄養となる食事をしないと、髪の毛は元気に育っていきません。 髪の毛の成長に良い食べ物、悪い食べ物を知って、抜け毛を減らし...