薄毛対策

頭皮の血行を良くする育毛剤の成分は、副作用に注意して選べ!

頭皮の血行を良くする育毛剤の成分は、副作用に注意して選ぶ必要があります。

 

副作用の可能性が高くても効果の大きい医薬品の育毛剤を使うか、効果は穏やかでも天然由来成分を使った医薬部外品の育毛剤を使うかになります。

あなたは、副作用の心配のある医薬品を使いますか?

 

敏感肌で、頭皮にやさしいタイプの育毛剤しか使えない方には、有効成分の多く含まれる医薬品は、逆に頭皮を傷める可能性もあるので、あまりお勧めできません。

最初は、無添加で、刺激がほとんどない『医薬部外品』の育毛剤から試してみるのが安心です。

 

解りやすくするために、医薬品に分類されるリアップと、医薬部外品に分類されるチャップアップを使って説明します。

両方とも頭皮の血行を良くし、髪の毛に栄養を行き渡らせて成長させる有効成分を配合しています。

 

医薬品と医薬部外品の違い(育毛剤)

リアップ(医薬品)

発毛、育毛、脱毛(抜け毛)の進行予防を目的とした薬です。

頭皮の血行を良くするミノキシジルという有効成分を配合しており、厚生労働省から認められた医薬品です。

 

医薬品には、医師が診察して処方する医療用医薬品と、薬局の薬剤師さんのアドバイスなどで購入が可能な一般用医薬品(OTC医薬品)があります。

・医療用医薬品…処方箋が必要
  ミノキシジルタブレット(ミノキシジルを有効成分とする内服薬のこと)  

・一般用医薬品…処方箋が不要
  リアップ(ミノキシジルを配合した育毛剤で第1類医薬品に分類)

 

チャップアップ(医薬部外品)

育毛、脱毛(抜け毛)の進行予防を目的とした薬です。

頭皮の血行を良くする成分として厚生労働省から認められたセンブリエキスという天然由来の成分が含まれています。

しかし、その配合量は抑えられており、効果が緩やかな育毛剤です。

高い効果が期待できるが、副作用の心配な医薬品

育毛剤の主な有効成分としては、頭皮の血行を良くする働きを持つ成分があります。

頭皮の血行が良くなると、栄養素を血液からきちんと受け取り、髪の毛の成長を促すために使うことが出来るようになるからです。

 

血行を良くする効果があるという医薬品成分には、ミノキシジルがあります。

あのメジャーな育毛剤であるリアップに配合されている成分ですが、血管を拡張する作用があるため、塗布することで頭皮の毛細血管を拡張し、血流を良くする効能があります。

 

もともとはアメリカで開発された成分で、当初は、血圧を下げるための降圧薬として承認され、使われていました。

しかし、臨床試験の際、被験者の髪の毛がフサフサになったことから、外用発毛剤として開発されるようになったのです。

 

今でこそ育毛剤の主な有効成分となっているミノキシジルは、本来、血圧を下げる薬です。

頭皮の血流を良くする働きがあるため、育毛効果も高いかもしれませんが、それ以上に、血圧が下がってしまうなどの危険な副作用も持っているのです。

 

お肌が弱くて敏感肌の人なら、頭皮にやさしい育毛剤を使いたいものです。

効果は高くても、副作用を心配するような育毛剤は、ちょっと使いたくないですね。

効果は穏やか、副作用の心配も少ない医薬部外品の育毛剤

医薬品は副作用を考慮して使う必要がありますが、医薬部外品の育毛剤であれば、副作用の心配が少なく、頭皮にも優しいものを選ぶことができます。

 

医薬部外品の育毛剤に含まれる血行を良くする成分としては、代表的なものにセンブリエキスがあります。

医薬品ではなく天然由来成分であるため、効果の現れ方は緩やかですが、副作用の心配はほとんどなく、安心して使うことができます。

育毛剤を選ぶポイント

育毛剤を選ぶ際には、副作用以外にも、もう一つ重要なポイントがあります。

 

とにかく頭皮に優しい育毛剤を選ぶことです。

つけるとスッとするような育毛剤は効果があるように思ってしまいがちですが、実は、頭皮には刺激が強過ぎるのです。

 

私も当初は刺激のあるタイプの育毛剤を使っていましたが、だんだん付けるとしみるようになり、しばらくは育毛剤を使うことが出来なくなりました。

 

刺激の少ない育毛剤を選ぶことが正解です。

 

敏感肌となってしまった私にでも、使えている育毛剤があります。

→ 敏感肌でも使える育毛剤の詳細を見る。