薄毛対策

髪の毛を育毛するのに、育毛剤だけに頼るのはダメ

せっかく育毛効果のある育毛剤を使っても、髪の毛が生える土台となる『頭皮』のケアをしていなければ、大きな効果は望めません。

「育毛剤を使ったけど、ほとんど効果はなかった」と感じる方の多くは、「ただ育毛剤を使うだけで、それ以外のケアは何もしていなかった人」なのです。

 

育毛剤は『毛生え薬』ではないので、育毛剤を使う以外にも、必ず行なうべき対策があります。

・正しいシャンプー&ドライヤー

・食生活

・生活習慣

 

正しいシャンプー&ドライヤー

1日の行動の中で抜け毛に一番影響があるのは、シャンプーの仕方とドライヤーのかけ方です。

抜け毛が増えるのも減るのも、シャンプーの仕方が大きくかかわってくるのです。

 

まずは、「どんなシャンプーを使うか」というところから考えて行く必要がありますが、髪の毛が気になると言いながら、市販のシャンプーを普通に使っている人も少なくありません。

 

市販のシャンプーは、洗浄力が高いものがほとんどです。

しかし、髪の毛にとって良いシャンプーとは、洗浄力が強いものではありません。

頭皮・頭髪の汚れの70~80%は、シャンプーを使わなくても、お湯洗いだけで落とせます。

洗浄力の強いシャンプーでしっかり洗うと、頭皮や髪の毛を保護する役割を担う皮脂を落とし過ぎてしまい、かえって頭皮を傷めてしまう可能性も高いのです。

次に、シャンプーの仕方が悪いため、抜け毛を増やしたり、頭皮や毛髪を傷めるケースも多くあります。

正しいシャンプーの仕方を知らない人が、意外に多いようなのです。

シャンプーの回数は多ければ良いというものではなく、洗わな過ぎるのも良くありません。

→ 正しいシャンプーの仕方の詳細は、こちら

食生活

本気で育毛するのであれば、髪の毛に良い食べ物を、意識して摂る必要があります。

 

髪の毛はタンパク質でできているので、タンパク質を作るアミノ酸が豊富な食品を摂りましょう。

また、タンパク質から髪の毛を作る働きをサポートしたり、頭皮の健康を守るような栄養素を摂ることで、髪の毛はしっかりと成長するようになります。

その具体的な栄養素が以下の通りです。 

【 タンパク質 】…髪の毛の元(主成分)となる

【 亜鉛 】…タンパク質から髪の毛を作る働きをサポート

【 ビタミンB群 】…頭皮の新陳代謝を促進、髪の成長を活発に

【 ビタミンA、C、E 】…血行を良くして頭皮の健康を保つ

肉類中心の食事や、ファストフード・インスタント食品などの摂り過ぎはもちろん、ついつい好んで食べてしまう脂っこいものや糖分、刺激物、塩分、アルコールなどの過剰摂取も、抜け毛を増やします。

バランスのとれた食生活を心掛けましょう。

→ 育毛に良い食事、悪い食事の詳細は、こちら

 

生活習慣

頭皮や髪の毛に悪影響を及ぼす生活習慣を続けると、頭皮の血行が悪くなったり、成長ホルモンの分泌が少なくなったりすることで、ヘアサイクル(髪の毛が生えはじめて、成長し、抜け毛になるまでの周期)が乱れてきます。

 

ヘアサイクルが乱れると、髪の毛が成長しきらないうち(まだ細くて短いまま)に、抜け毛になってしまいます。

せっかく育毛剤を使っても、髪の毛の成長を悪くする生活習慣を続けたら、育毛にはつながらないのです。

頭皮に大きく影響する生活習慣の代表的なものは、次の9つです。

・姿勢
・眼睛疲労
・運動不足
・睡眠不足
・食生活の乱れ
・ストレス
・紫外線
・アルコール(お酒)
・タバコ

→ これらの生活習慣が抜け毛を増やす理由の詳細は、こちら