薄毛になる原因

夏のエアコン環境は、頭皮を乾燥させやすい条件が多く、ハゲやすいので注意!

暑い夏にはエアコンは必需品、熱中症ならないためにも必要です。

 

そんな季節にエアコンが頭皮を乾燥させて、ハゲさせる環境を作っているのです。

 

ハゲに注意するには、どうすれば良いのでしょう。

 

頭皮が乾燥してるかも?

毎日、きちんとシャンプーをして頭皮を清潔にしているのに、頭皮全体がかゆいなんてことはありませんか?

 

エアコンの効いた部屋で1日中過ごしていませんか?

 

エアコンの効いた部屋で長時間過ごすと、頭皮は乾燥します。

 

髪の毛のベタつきや臭いやフケなどには気を使っているのですが、頭皮の乾燥についてはあまり気にしないという人が多いようです。

 

春から夏になると紫外線も強くなり、温暖化の影響で気温も高くなってくるとエアコンの効いた過ごしやすい部屋で長時間過ごすことは、とても快適に感じます。

 

エアコンのない生活なんて考えられないと思いませんか?

 

しかし、頭皮や髪の毛の乾燥は、けっこうダメージ的に大きく、放っておくと薄毛・ハゲの原因となってしまいます。

 

 

春から夏にかけては、頭皮や髪の毛を乾燥させることがいっぱい

春から夏にかけては、頭皮や髪の毛の乾燥をひどくする要素がたくさん詰まっています。

 

頭皮や髪の毛が乾燥しすぎるのは、薄毛・ハゲにつながってしまいますよ。

・紫外線の影響

・シャンプーの回数が増える

・エアコンによる低湿度の環境

 

 

紫外線

人の体の中で頭が一番、紫外線を受けやすい部分になります。

 

強い紫外線を頭に受けると、頭皮の細胞がダメージを与えられて、どんどん老化していきます。

 

紫外線によって老化した頭皮は、保湿機能が低下して乾燥肌になってしまいます。

 

 

シャンプーの回数が増える

気温が高い日が続くと、髪の毛のベタつきが気になり、シャンプーの回数も増えてきます。

 

洗浄力の強い市販の9割を占める高級アルコール系シャンプーで、1日2回以上もシャンプーしていると、頭皮の保湿に必要な皮脂を根こそぎ落としてしまうので、頭皮が乾燥しやすくなります。

 

あわせて読みたい
シャンプーをしすぎると、頭皮や髪の毛にダメージ。ハゲ・薄毛の原因に!頭をキレイにしようとして、シャンプーをし過ぎると、ハゲ・薄毛の原因になります。 あなたは、毎日、シャンプーを何回していますか? ...

 

 

エアコンによる低湿度の環境

エアコン(冷房)は気温を下げるとと共に、湿度も下げてしまいます。

 

湿度が下がることで、室内がカラッとして室温27℃くらいでも、快適に過ごせる環境にしてくれますが、思った以上に空気を乾燥させてしまいます。

 

乾燥した環境に長い時間いると、当然ですが頭皮や髪の毛までも水分がなくなり、乾燥してきます。

 

 

頭皮や髪の毛が乾燥すると抜け毛につながる

【 頭皮の乾燥 】

頭皮は乾燥すると、頭皮の保護バリア機能が低下して外部からの刺激(ホコリや紫外線、雑菌など)に弱くなります。

 

外部からの刺激を直接受けてしまうと、頭皮のかゆみや炎症などが発生しやすくなり、抜け毛を増やす原因となります。

 

【 髪の毛の乾燥 】

夏場の髪の毛の水分量は約15%程度ですが、エアコンなど湿度を下げる環境下では、10%以下まで低下するのです。

 

髪の毛は乾燥が進むと、髪のキューティクルはカサカサになってはがれ落ちて、パサパサの状態になります。

 

髪の毛のキューティクルによって、髪の毛の内側の水分が保たれていますが、キューティクルがなくなることで、内側の水分が流れ出て細くて潤いがないため、強度が低下します。

 

乾燥して細く弱くなった髪の毛は、切れ毛や抜け毛やになりやすくなります。

 

 

頭皮・髪の毛の乾燥にはシャンプーを見直そう!

特に春から夏の時期には、髪の毛や頭皮に優しいアミノ酸シャンプーを使うと保湿効果が高いので、頭皮や髪の毛の乾燥を防ぎます。

 

シャンプーする回数が増える時期には、アミノ酸シャンプーで頭皮や髪の毛をいたわりましょう。

 

あわせて読みたい
男性の頭皮に優しいアミノ酸シャンプーのメリット、デメリット市販のシャンプーは洗浄力が強すぎて、いつかは頭皮や髪の毛を傷めることになります。 頭皮に優しいアミノ酸 シャンプーに替えることで、...