薄毛コラム

育毛剤のチャップアップには副作用は起きるのか?

チャップアップは、低刺激で頭皮に優しい育毛剤なんですが、副作用はあるのでしょうか?

医薬品に分類される発毛剤は、化合物の薬を配合しているので効果も高いけれど、副作用も心配されますが、育毛剤は医薬部外品に分類されており、即効性の効果は低いですが副作用の心配が少ないです。

副作用ではありませんが、使っていると心配となる現象として3つ挙げることがあります。

・アレルギーによる頭皮のかぶれなど
・血行が良くなることでのかゆみ
・頭皮環境が良くなることでの脱毛

アレルギーによる頭皮のかぶれなど

チャップアップは、基本的に天然由来の成分で作られていますので、化合物などは含まれていません。したがって薬による副作用とかは心配する必要はありません。

しかし、いくら天然の植物などから作られていても、天然のものでもアレルギー症状のある人にとっては頭皮を傷めてしまう可能性があります。

チャップアップに含まれる成分の何らかにアレルギー反応を示して、頭皮がかぶれたり湿疹が出たりする恐れがないとは言えません。

チャップアップの成分のどれかにアレルギー反応するかどうかは、使ってみないことにはわかりません。なので、二の腕や太ももなどの肌の柔らかいところに、カットバンに育毛剤をしみ込ませてから24時間程度、張り付けておいて肌に変化がないか確認することが重要です。

これが、パッチテストと呼ばれるものですが、チャップアップはパッチテストでアレルギー反応が出た場合は、返金保証を使って代金を返金してもらうことも出来るので安心です。

→ パッチテストのやり方は、こちら

血行が良くなることでのかゆみ

チャップアップに含まれる有効成分の一つにセンブリエキスがあり、その中の『スウェルチアマリン』という成分には、血行促進作用があります。
→ センブリエキスの持つ効果・効能の詳細は、こちら

頭皮の血行が良くなると、血液が流れるという刺激がかゆみとなって現れる場合があります。お風呂に入って血流が良くなることで、かゆみを感じるのと同じ原理です。

頭皮の血行が改善された訳なので、育毛にとっては良い状態になっているのですが、しばらくたっても痒みが消えない場合は、他の原因が考えられるので、使用を中止して皮膚科に行くようにしてください。

頭皮環境が良くなることでの脱毛

チャップアップを使い始めると、一時的に抜け毛が増えることがあります。副作用ではなくて、頭皮の環境が良くなることで、元気のない弱々しい髪の毛が抜けて、そこから新しい元気で太い髪の毛が生え替わろうとしているからです。

頭皮の環境が悪化していると、髪の毛は十分に成長しないうちに抜け毛となって抜け落ちることが多くなります。そして段々と抜け毛が多くなって薄毛になっていきます。

チャップアップを使うことで頭皮環境を改善していくと、頭皮環境の悪化で弱々しくなった髪の毛を早めに脱毛して、元気な髪の毛を生やす働きが作用するからです。