薄毛になる人?

カロリー不足は、ハゲ・薄毛の原因になる! たんぱく質が不足していませんか?

糖質制限などの食事制限をしたダイエットをすると、確かに痩せることはできますが、あまり過度な糖質制限をしてカロリー不足になると髪の毛がハゲるようになってしまいます。

 

最近、髪の毛が細くなったり、薄くなったと感じるあなた、たんぱく質が不足していませんか?

 

糖質制限ダイエットをして、タンパク質が不足するのは?

食べ物にはエネルギーのもとになる三大栄養素と呼ばれる、タンパク質・脂質・炭水化物(糖質+食物繊維)があります。

 

糖質制限ダイエットでは、制限する糖質として、甘い糖質(砂糖・果糖)と甘くない糖質(でんぷん)になります。

 

甘い糖質は、砂糖をつかったお菓子・ケーキ、くだものなどで、デンプン系の糖質は、糖質と食物繊維が合わさった炭水化物(ごはんやパン、麺類など)です。

 

これらの糖質と呼ばれるものを一切食べないことになります。

 

人が身体を動かすエネルギーとして、一番に使われる栄養素が糖質です。

 

糖質制限をして糖質を摂らないと、その代りに身体を動かすエネルギーとして、タンパク質を分解して使うようになります。

 

身体を作る材料となっていたタンパク質が、エネルギーとして使われるようになると、その分のタンパク質が不足してしまう訳です。

 

 

髪の毛は、たんぱく質から作られる

人の身体を作っている成分は、水分が一番多いのですが、その次に多いのがタンパク質です。

 

タンパク質は、心臓や胃や腸、肝臓などの臓器から、血管・血液・神経・皮膚・筋肉、爪・髪の毛などにいたるまで、成分として使われています。

 

髪の毛の99%は、タンパク質からできています。

 

たんぱく質は、髪の毛の主成分であり原料なので、たんぱく質が不足することで、髪の毛の成長は悪くなってしまいます。

 

 

タンパク質には使われる順番がある

タンパク質は、このように身体の様々なパーツの材料となっているのですが、使われ方に優先順位があります。

 

当然のことですが、生命維持に直接関連する心臓や血液には、優先的に使われるのですが、無くても生命維持に関係ない髪の毛は、タンパク質を使って良い優先順位は、とても低いということになります。

 

十分にタンパク質を摂っていないと、タンパク質を使うのが後回しにされる髪の毛などには、タンパク質が行き渡らないために、髪の毛を成長させることが出来なくなってしまうことは、ご理解できたと思います。

 

 

髪の毛を成長させるための栄養素

髪の毛の成長のためには材料となるタンパク質の必要性が重要ですが、タンパク質だけを摂れば良いというものでもありません。

 

髪の毛の原料となる栄養素と、その栄養素で髪の毛を作る作業をサポートする栄養素が必要となります。

 

そして髪の毛の生えている頭皮の健康を守るような栄養素を摂ることで、髪の毛はすくすくと成長するようになります。  

 

その具体的な栄養素が、以下の通りです。 

【 タンパク質 】・・・髪の毛の元(主成分)となる

【 亜鉛 】・・・タンパク質から髪を作るのをサポート

【 ビタミンB群 】・・・頭皮の新陳代謝を促進、髪の成長を活発に

【 ビタミンA、C、E 】・・・血行を良くして頭皮の健康を保つ

 

あわせて読みたい
頭皮や髪の毛の栄養素となる食べ物は?頭皮や髪の毛の栄養となる食事をしないと、髪の毛は元気に育っていきません。 髪の毛の成長に良い食べ物、悪い食べ物を知って、抜け毛を減らし...

 

髪の毛を成長させる栄養素は、食事から摂るしかない!

髪の毛を成長させるのに栄養素としてタンパク質などが必要だと説明しましたが、その栄養素は頭皮とつながっている毛細血管から入ってくる血液からしか、もらうことが出来ません。

 

つまり、食事によって摂ったタンパク質しか、髪の毛の成長に使うことが出来ないということです。

 

いかに有効的に食事としてタンパク質を摂るかということが重要になってきます。

→ 髪の毛に有効にタンパク質を摂るには、こちらを参照してください。