薄毛になる原因

間違ったシャンプーの方法が抜け毛を増やす! あなたのシャンプーは正しいのか検証

シャンプーをする時が一番、毛が抜ける場面です。シャンプーの仕方によっては、抜け毛の本数が大きく変わります。あなたのシャンプーの方法は、どのようにして覚えましたか?

正しいと思ってやっているシャンプーは、間違っている場合がとても多いのです。私も自分のシャンプーの仕方が間違っていると思っていませんでした。

髪の毛や頭皮に優しいシャンプーの仕方を調べるうちに、自分のやり方がいかに間違っていたかを思い知らされました。

私の間違ったシャンプー方法

私の間違ったシャンプー方法の項目としては、以下の通りでした。

・下洗い(予備洗い・前洗い)

・シャンプー時のお湯の温度

・シャンプーの回数

・直接付けない

・シャンプーの量

・すすぎは十分

あなたのシャンプーは大丈夫ですか? 各項目について、何が悪かったのか検証したいと思います。

シャンプーをつける前のお湯だけの下洗い

シャンプーを付ける前に、髪の毛と頭皮にしっかりとぬるま湯をかけ、余分なホコリやゴミ、皮脂などをしっかり洗い流すということを、ほとんどしていませんでした。

私の場合は、さっとお湯で簡単に濡らす程度にしか、やっていなかったです。このお湯だけでの洗髪で、髪の毛や頭皮の汚れの7割~8割を落とせるということも知りませんでした。

先に、お湯だけでしっかり洗うのは、シャンプーを付けて洗う時間を短くするためにあるということも知りませんでした。

 

単に、シャンプーの泡立ちを良くするためだけではなく、シャンプーを付けて長い時間洗うと頭皮や髪の毛に負担がかかり、大きなダメージを受けないように、シャンプーでの洗髪の時間が短時間で済むようにするためでもあったのです。

洗髪時のお湯の温度

頭を洗う時のお湯の温度ですが、私の場合、お湯の温度が高けれが高いほど、髪の毛や頭皮の汚れ落ちが、良くなると思っていました。

これも間違いで、40℃以上の熱いお湯だと、頭皮の皮脂を必要以上に溶かしてしまうようです。

頭皮から皮脂を完全に洗い流してしまうと、皮脂があるために保湿したり、外部からの刺激を防いだりする働きなどが出来なくなってしまい、髪の毛や頭皮を傷めることにつながります。

シャンプーの回数

渡しの場合は、シャンプーを付けて洗う回数は、必ず2度洗いをしていました。

1度目は、髪の毛の汚れを落とすことを目的に、髪の毛中心に洗い、2度めは少しシャンプーの量を少なめにして、しっかりと頭皮の汚れを落とすことを目的に洗っていました。

髪の毛が元気にどんどん成長していた頃は、2度洗いでも問題ないのですが、抜け毛・薄毛が気になるようになってからは、2度洗いは頭皮へのダメージが大きく、シャンプーでの洗髪は、回数を減らすのが抜け毛予防だったのです。

 

しっかりと泡立てたシャンプーで、1回だけ頭皮をマッサージするように洗えば、髪の毛は泡に触れることで、十分にキレイに汚れが落ちるのです。

それは、やはりシャンプーを付ける前に、お湯だけでしっかりと汚れを落としているからです。

シャンプーを付けての2度洗いは、髪の毛や頭皮に大きなダメージを与え、抜け毛を増やしてしまうのです。

シャンプーの泡立て

私の場合、シャンプーを付ける時に、直接、濡れた頭に原液をそのままかけてから、シャンプーを泡立てていました。

シャンプーの原液をそのまま髪の毛や頭皮の地肌に直接つけてしまうと、シャンプーを泡立てるのに髪の毛どうしが擦れたり、髪の毛と指との摩擦で、抜け毛を増やしたり、髪の毛にダメージを与えてしまいます。

 

手のひらで泡立てても良いのですが、泡立てネットを使って、しっかりとシャンプーを泡立ててから、髪の毛につけて洗うことで、原液を直接地肌につけて洗髪するより、洗浄力もアップします。

泡が髪の毛を包み込みクッションとなって、髪の毛の表面のキューティクルを傷めないようにして洗ってくれるからです。

シャンプーの量

私は、シャンプーのボトルを2~3プッシュして、髪の毛に直接つけて洗髪していました、これもシャンプー剤の量が多過ぎでした。

基本的には、ボトルタイプのシャンプーでは、短髪の私には1プッシュで十分なシャンプー量になるのです。

シャンプーの量を付けすぎることは、それだけ髪の毛に大量のシャンプー剤がくっつくことになるので、しっかりとすすいでもすすぎ残しが発生する可能性がとても高くなります。

シャンプーが髪の毛や頭皮に残ってしまうと、シャンプーなどのカスが頭皮の毛穴を詰まらせたり、頭皮にシャンプーの成分が浸透して刺激を与えたりして、頭皮に炎症やかゆみ、痛み、フケなどを発症させ薄毛・ハゲの原因になります。

すすぎは十分ですか

私は、シャンプー後のすすぎがとても雑で、髪の毛の泡をさっと落としたくらいで、すすぎを終わりにしていました。たまに頭がかゆくなっていましたが、すすぎ残しが原因だったと思います。

シャンプーの量が多過ぎる時もそうですが、適量のシャンプーであっても、洗髪後にしっかりとシャンプーを洗い流さないですすぎ残しが発生すると、頭皮や髪の毛にダメージを与えてしまいます。

 

かなり多くの人が、シャンプーのすすぎ残しになっていると思います。思っているより相当しっかりすすがないと、すすぎ残しになるからです。髪の毛をシャンプーで洗っている時間の1.5倍~2倍の時間は、お湯ですすいで洗い落とす必要があります。

あわせて読みたい
シャンプーの後、しっかりすすいでいますか? すすぎ残しがハゲの原因になる!シャンプーで洗った後は、意外とすすぎが雑な方が多いです。 自分で意識しているより、かなりしっかりすすがないと、シャンプーのすすぎ残...

 

正しいシャンプーの仕方

私は、どうやら髪の毛や頭皮にダメージを与えるシャンプーの仕方をしていたと言えます。

シャンプーの仕方を理屈にあった、正しい方法に変え、シャンプー自体も髪の毛に優しいシャンプーに替えたことで、抜け毛も減り、細くなってきていた髪の毛の太さも少しずつ太くなっったように感じています。

薄毛・ハゲが気になってきたら、育毛剤も有効ですが、まずは、シャンプーのやり方を見直してみては、いかがでしょうか?

→ 正しいシャンプーの仕方を確認する。