薄毛対策

育毛剤の早めの使用が、ハゲを防止して髪の毛を残す!

髪の毛があって薄毛になる前に、育毛剤を活用することが良い結果を生みます。

 

どうしても将来、ハゲたくない、薄毛になりたくないという方は、今から育毛剤で育毛しましょう。

 

育毛剤で予防するか、しないかで、数年後に大きな違いとなって現れます。

 

髪の毛をしっかり育てられる土台になる頭皮を作っておきましょう。

 

年々、髪の毛は減るもの

髪の毛は、年をとっていくと、いつかは薄くなるものなんです。

 

それを前提に考えると、いかに髪の毛がある期間を長く伸ばしていくかが、薄毛対策と言えるでしょう。

 

髪の毛が十分あるうちから、頭皮や髪の毛の状態を良くして、良い環境を続けていくかで、早くハゲるか遅くハゲるかの違いが出てきます。

 

早くから対策をしておくことで、多くの髪の毛を残すことができるのです。

 

 

育毛剤は髪の毛を増やすものではない!

育毛剤は、髪の毛の本数を増やすものではありません。

 

育毛剤を使うと髪の毛が増えるというイメージを持つ人が多いのですが、決して髪の毛は増えません。

 

植毛でもしない限りは、年をとっていくと髪の毛の本数は、当然減って行く訳です。

 

育毛剤は、残っている髪の毛を元気に太く長く育毛して髪の毛のボリュームを増やすことで、薄毛をカバーするくらいに考えるのが良いです。

 

髪の毛の数が減るのを出来るだけ遅くして、最終的に薄毛に見えない程度でおさまれば、結果的にハゲなかったと言うことになると思います。

 

 

 

早くから育毛剤で予防していると

まだハゲ始めていない人は、髪の毛が育つ環境が整っているので、育毛剤の効果を得やすい状態にあります。

 

育毛剤の効果が得られやすいことで、髪の毛が育つ環境が多少悪くなっても、しっかりと育毛出来るので、薄毛になりにくくなります。

 

とは言え、年をとってくると髪の毛が成長しやすい環境も悪化してきます。

 

髪の毛が成長しやすい環境が悪化して、育毛剤だけの力では、育毛の効果を感じにくい状況になったら、育毛剤を使用しながら、髪の毛が成長しやすい環境を整えることで、また、髪の毛をしっかり育毛することが可能です。

 

 

髪の毛が成長しやすい環境とは?

髪の毛が成長しやすい環境とは、次の点が

整っていることです。

・髪の毛の栄養分

・頭皮の血行

・頭皮の状態

この3つの要素が絡み合って、髪の毛がどんどん成長していく訳です。

 

髪の毛が成長していく流れ

食事によって体内に栄養分を消化・吸収して摂り入れる(髪の毛の栄養分)
  ↓
血液に混じっって頭皮まで届ける(頭皮の血行)
  ↓
毛根の毛母細胞が栄養分を使って細胞分裂する(頭皮の状態)
  ↓
髪の毛が太く長く、成長する

 

【 髪の毛の栄養分 】

髪の毛を成長させるためには、髪の毛の原料となるタンパク質や、髪の毛を作る作業をサポートするミネラルビタミンなどを十分に食事で摂っている必要があります。

 

その具体的な栄養素が、以下の通りです。

【 タンパク質 】・・・髪の毛の元(主成分)となる

【 亜鉛 】・・・タンパク質から髪を作るのをサポート

【 ビタミンB群 】・・・頭皮の新陳代謝を促進、髪の成長を活発に

【 ビタミンA、C、E 】・・・血行を良くして頭皮の健康を保つ

 

これらの栄養素をバランス良く摂ることが重要です。

 

反対に、脂っこい・カロリー高めの食事や、糖質の多い甘いものは、頭皮の環境を悪化させて、抜け毛を増やしてしまうので、食べ過ぎないように注意しましょう。

→ 髪の毛に良い食事を確認する。

 

 

【 頭皮の血行 】

頭皮につながる血管は、細い毛細血管ですので、血液の流れが良くないと髪の毛の成長に十分な栄養分を、髪の毛まで届けることが出来ません。

 

次のような症状が、多くなってきていませんか?

・首や肩の周辺がコリやすい

・目が疲れやすい

・頭皮が硬くなった

・ストレスをためやすい

・運動不足

・タバコの本数が多い

・睡眠不足 など

 

数多く当てはまる方は、頭皮の血行が悪くなっている可能性が高いです。

 

特に注意すべき点は、側頭部や首に近い後頭部は、太い血管につながっていますが、髪の生え際、頭頂部といった部位は、細い毛細血管がつながっているという事実です。

 

血行が悪くなっても、太い血管とつながっている側頭部や首に近い後頭部には栄養分が行き届き、毛細血管とつながっている髪の生え際、頭頂部は、栄養分が行き渡らないで、髪の毛の成長が悪くなってハゲやすいのです。

 

普通の生活をしていても頭皮の血行は悪くなって行くものなので、思い当たる症状があるばあいは、頭皮マッサージするなど意識して血行を良くする必要があります。

 

 

【 頭皮の状態 】

頭皮は髪の毛が生える土台となるので、髪の毛が成長しやすい頭皮環境とは、

・適度に保湿されている(乾燥し過ぎない)

・炎症を起こしていない

・適度な皮脂でおおわれている(過剰な皮脂でベトベトしていない)

・フケが出やすくなっていない など

のような状態と言えます。

 

頭皮の状態を良い状態でキープするには、毎日のヘアケアが重要です。

 

特に、髪の毛や頭皮に負担をかけるシャンプーの仕方は、正しく行えば頭皮環境を良くすることが出来ますが、間違っていると頭皮環境を悪化させます。

 

毎日のシャンプーが頭皮の状態を決めると言っても過言ではありません。

 

あなたは、正しいシャンプーをして、頭皮環境を良い状態に保っていますか?

→ 正しいシャンプーが出来ているか確認する。

 

 

絶対、ハゲになりたくない人は

どうしても薄毛になりたくないのであれば、薄毛になっていない時から育毛剤 + 育毛する環境を整える を早くから始めることです。

 

あわせて読みたい
頭皮に優しい育毛剤のチャップアップを実体験してレビュー・評価しました!頭皮が敏感肌になっていて使える育毛剤が限られる状態なので、無添加・無香料の頭皮に優しい育毛剤という評判のチャップアップを使ってみようと思...