薄毛対策

前髪から薄毛になるケースの対策は、どうする?

前髪から薄毛になる原因と対策について、まとめてみました。

 

・会う人の視線が、頭や額の方に感じることは、ありませんか?
・前髪のボリュームが減ったり、思うようにセットできないと感じてはいませんか?

 

これらに該当する人は、脱毛症が進行している可能性が高いです。

また、髪の毛にとって、悪い生活習慣を続けているケースも多く見受けられます。

 

薄毛になる原因は様々ですが、いかに頭皮環境や血行を良くし、どれだけ髪の毛に栄養を与えられるかが対策の基本です。

抜け毛を減らすことと、育毛をセットで行うことで、薄毛はかなり改善できます。

前髪から薄毛になるのは、どうして?

薄毛になる原因には色々ありますが、前髪から薄毛になっていく場合、男性ホルモンの影響による男性型脱毛症(AGA)が発症している可能性が大です。

男性型脱毛症(AGA)の特徴は、次の通りです。

・まだ10~20代のとても若い年代から、薄毛になった

・薄毛が額の生え際(前髪)から進行する「U字ハゲ」や「M字ハゲ」である

 

また、男性型脱毛症(AGA)が発症すると、進行がとても早く、すぐに薄毛になりやすいというのも特徴の一つです。

 

この男性型脱毛症(AGA)以外のケースとしては、加齢によって抜け毛が増える老人性脱毛症と呼ばれるものもあります。

50~60代以上になると、老化によって細胞の働きが低下してくるので、抜け毛が自然に増えていきます。

薄毛になる原因は?

前髪から薄毛になっている場合、そのほとんどは男性型脱毛症(AGA)だと考えられますが、実際、男性ホルモンがどのように影響しているのでしょうか?

 

男性ホルモンのTS(テストステロン)は、生殖器の発育やヒゲ・体毛の成長、筋肉や骨格の形成などの働きを持つ、誰もが持っているホルモンです。

 

このTS(テストステロン)は、そのままの状態で存在していれば薄毛には関係ないのですが、頭皮の毛乳頭にある5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結びつくと、毛根を攻撃する悪玉ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。

頭皮の状態が、TS(テストステロン)と5αリダクターゼ(酵素)を、くっつきやすくしているのです。

特に、額の生え際(前髪)には、多くの5αリダクターゼ(酵素)が存在しているため、DHT(ジヒドロテストステロン)も額の生え際(前髪)に多くなります。

毛根を攻撃された髪の毛は、ヘアサイクル(髪の毛の抜け替わりの周期)が短くなり、成長しきる前に抜け毛となってしまいます。

成長不良の細く短い毛ばかりが残るようになるので、前髪は薄毛の状態になるのです。

男性型脱毛症(AGA)だけが原因でない場合も

髪の毛が成長しきらないうちに抜けてしまうのは、男性型脱毛症(AGA)だけでなく、日頃の生活習慣や食生活による影響を受けていることもあります。

頭皮の血行が悪くなったり、頭皮に栄養が行き渡らないと、髪の毛の成長に悪影響を及ぼすのです。

 

それに加えて、シャンプーの仕方やドライヤーのかけ方が悪い場合、抜け毛は更に増加します。

この機会に、正しいやり方を確認してみてはどうでしょうか?

 

髪の毛に悪い生活習慣

睡眠不足やストレス、運動不足、悪い姿勢など、日頃の生活習慣によっては、頭皮に血行不良が起こり、頭皮が硬くなってしまうことでダメージを受けます。

生活習慣を見直して、抜け毛を減らしましょう。 → 普段から注意しておく生活習慣を確認する。

 

髪の毛に悪い食生活

栄養バランスの偏った食事や、肉類中心の食事、ファストフードやインスタント食品を多く食べることは、髪の毛の成長に悪影響を及ぼします。

 

髪の毛にとって必要な栄養素は、以下の通りです。

【 タンパク質 】…髪の毛の元(主成分)となる

【 亜鉛 】…タンパク質から髪を作る作業をサポート

【 ビタミンB群 】…頭皮の新陳代謝を促進、髪の成長を活発に

【 ビタミンA、C、E 】…血行を良くして頭皮の健康を保つ

あなたは、これらの栄養素をきちんと摂れていますか?

摂れていないと、髪の毛の成長をさらに悪化させます。

頭皮に出来るだけ栄養を届け、抜け毛を減らすようにしましょう。 → 髪の毛に良い食事、悪い食事を確認する。

シャンプー

シャンプーが、一番抜け毛が多くなるシーンです。

正しいシャンプーのやり方にすることで、抜け毛が大きく減る場合もあります。
→ 正しいシャンプーの仕方を確認する。

ドライヤー

ドライヤーの間違った使い方は、髪の毛をものすごく傷めます。

正しいドライヤーのかけ方で、髪の毛へのダメージを大きく減らすことが出来ます。
→ 正しいドライヤーの使い方を確認する。

対策はどうするの?

前髪から薄毛になってきた場合は男性型脱毛症(AGA)の可能性が高いので、AGA専門のクリニックで診察してもらうのが、一番確率の高い改善方法です。

 

しかし、お金がかかる、通院する時間がない、AGAクリニックまで行くのには抵抗がある…というような方には、費用は抑えめで副作用の心配がない、その上、自分の都合でこっそり対策できる育毛剤の活用がお勧めです。

 

私も薄毛になり始めた頃は、大げさにクリニック(病院)まで行って診てもらうには少し抵抗があり、まずは育毛剤で様子をみようと試してみました。

その頃一番人気のあった育毛剤を使い始めましたが、薄毛は目立たないまでに回復したものの、使い続けるうちに頭皮が敏感になり、赤く腫れたようになってしまいました。

 

頭皮ケアに関することを色々勉強してみた結果、育毛成分を十分に含みつつ、刺激が少なく、無添加で頭皮に優しい育毛剤選びをすることが、とても大切なことだと思い知りました。

育毛剤で改善されるの?

抜け毛の主な原因となるは、男性ホルモン、頭皮の炎症、頭皮環境の悪化の3つです。

育毛剤にはこれらを改善すべき成分が含まれているので、副作用の心配がないものを選ぶことで、抜け毛の改善を大きく期待することができます。

 

悪玉男性ホルモンを作りにくくする

毛根を攻撃する悪玉ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)は、男性ホルモンのTS(テストステロン)と頭皮の毛乳頭にある5αリダクターゼ(酵素)が結びつくことで作り出されます。

TSと5αリダクターゼの結合を抑える効果を持つ成分を配合することで、悪玉男性ホルモンの発生を抑えます。(オウゴンエキス、ノコギリヤシ、ヒオウギ抽出液など)

 

頭皮の炎症を抑える

頭皮の荒れや炎症を抑えたり、抗アレルギー効果や殺菌作用によって雑菌の増殖やフケを抑え、頭皮や毛根を清潔に保つ効果を持つ成分を配合。(塩酸ジフェンヒドラミン、グリチルリチン酸ジカリウム など)

 

頭皮の環境を改善する

頭皮の血行を良くして、毛根に栄養や酸素を届けやすくしたり、抗炎症作用および抗酸化作用によって頭皮の環境を改善する効果を持つ成分。(センブリエキス、カプサイシンなど)

 

選ぶ基準としては、天然由来成分のものかを確認し、副作用が少なく、安心して使うことができるものを選んでください。

さらには、無添加で、頭皮に優しく、刺激のないものを選ぶようにすると良いです。 

まとめ

・前髪から薄毛になるのは、男性ホルモンが影響する男性型脱毛症(AGA)の可能性が高い
・頭皮の炎症や頭皮環境の悪化が原因の場合もある
・費用や時間的余裕のない場合は、育毛剤での改善も期待できる

 

薄毛が気になりだしたら、素早く対応することで、その後に大きく影響します。

専門のクリニックに行くかどうか迷っているようであれば、まずは、育毛剤を試してみてはいかがでしょうか。

何もしないで放置することが、一番後悔する結果を招くことになると思いますよ。